Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

切り抜きの対象となるための写真撮影

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
切り抜きを行いやすい写真を撮るためにはどのような点に注意すべきか?について解説します。
講師:
03:32

字幕

このレッスンでは 切り抜きやすい写真を撮るためには どの様な点に 注意したらいいかを解説します 例えば 今画面に 変な写真が出ていますが この鳥を切り抜きたいという時ですね 切り抜きたい対象がこんな形だったら とても切り抜きやすいわけですね これは何だ という感じですけれど 直線 直角だけで作られているものであれば 単純に四角形を組み合わせる形で 切り抜きが行われるわけです ただ現実には こんな単純な形状のものは そんなに多くないんですね 例えば 人間を切り抜きたいなんて場合にも 実際には 体のカーブも複雑ですし 髪の毛ですね この1本1本の毛が有るところなど とても四角形で構成できるような形には 本当の物体は なっていません ただこの写真もですね こんな形にもともとは 実はこうしたスタジオの1色のバックで 撮影された写真です それを切り抜いてこのような形になってます フォトショップの機能を使うと このように 非常に細かい部分まで 切り抜くことが出来るわけですが これはどういう状態になっているのかというと この写真に対して 表示を変えると この様になります 白と黒の マスク という状態なんですが こういったものが適用されています 黒い部分は 透明になって 白い部分は 元の写真が残ると 髪の毛の部分など かなり細かく マスクが出来てますね いかにこうしたマスクをうまく作るか それが切り抜きのポイントとなります こういった場合 元の写真をどのようにとるか という所が重要になってきます まず切り抜きたい部分のエッジですね 拡大してみると 全体的にエッジがしっかりしています 輪郭がわかりやすいですね なるべくこの様に 輪郭がはっきりしている方が 切り抜きたいラインを 明確に確保できるので まずこの様にしっかりとピントの合った 明確なエッジを得る事 これが大事です そして 同時に さっきの 例えば この合成結果のように 背景が複雑だと いっきに切り抜きにくいですよね しかも色も似ていると いっきに難易度が上がってきます なのでなるべく単一の色 あまり変化の無い背景でシンプルな物 その方が切り抜きやすくなります さらに この髪の毛の部分なども これは通常では なかなかやりにくいですけれど こうしたシンプルな背景で さらにピントがきっちり合っている 明瞭であれば フォトショップの機能を使って かなり細かく切り抜くことが 可能となってきます この様な感じですね 切り抜きはフォトショップ内の テクニックももちろん大事なんですが 元の写真をどのような素材とするか それもかなり大きく関わってきます 素材作りから自分で行う場合には 今のような点に気を付けて なるべく切り抜きをしやすい 写真を撮るように心がけましょう

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。