Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

選択範囲を限定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
色域指定などで一括した選択を行う際は、効果を適用したく無い部分にまで影響が及ぶのを制限する必要があります。
講師:
03:16

字幕

このレッスンでは 選択範囲を制限する 必要のあるケースについて解説します Photoshop で切り抜きを 行う時なんですが 例えば形状をなぞって切り抜いたりする以外に 画面の中の特定の要素で 選択する というのがあります 例えばやりやすいのが色ですね 例えばこの鳥の 赤い部分だけを選択したい なんていう時には 選択の場合ですね 「選択範囲」の 「色域指定」っていうのを使います ちょっとわかりやすいように 同じことをですね 別のツールでやってみましょう はい 「色調補正」の 「色相・彩度」 これを選びます はい 単純にかけると 全体的に この効果がかかりますね この「色相」っていうのを動かすと この色のバランスが変わります ではこちら「オン」にした上で この赤色ですね この範囲だけに 効果がかかるように限定してみると はい 今 ここの カラーバーのところ出てますけど 真ん中の赤はこれに近いですよね そこから多少余裕をもって この黄色っぽいところ マゼンタっぽいところまで及んで この範囲にだけ 今 かかるようになってます これで操作してみると はい さっきクリックした赤の色に近い 色だけが変わってますね こうするともう別の鳥のようですね ただ単純にそうしてしまうと 例えばここの エサなんかの部分も似たような色があるので 色が変わってしまうと はい こういったデメリットがあります 例えばですね 一個の方法としては この範囲をですね 調整してあげると 色の範囲が狭まって 余計なところが 消えるという場合もあるんですが 今回の場合は鳥も一緒に変わってしまうので ちょっと適当じゃないですね そんな時はですね まず色の制限に加えて レイヤーマスクがあります はい ここでですね これ例えば 「反転」とすると 一回全部効果が見えなくなります そしたら ブラシですね ブラシの描画色「白」 これを使ってサイズをもう少し上げて 柔らかくしてですね で この 色調補正をかけたい部分だけですね このマスクを 解除してあげます レイヤーマスクに白で塗ると その部分だけ変わってきます 不透明度を上げて とやると はい マスクが かかってない部分だけですね そこだけが効果になってきます さぁ こうしてやるとですね はい こちらの効果を動かしても このマスクを作った部分だけが 適用されると そのような状態になります はい 一括で適用する効果ですね 便利なんですけど 余計な所にもかかってしまう というケースもあるので そうした場合にはこうしたマスクなどを使って かかる範囲を制限してやる必要があります

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。