Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

選択を修正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クイックマスクモードを利用して、ブラシツールを用いながら選択範囲の詳細部分を微調整する実践例をご紹介します。
講師:
03:35

字幕

このレッスンでは クイックマスクを使った 選択範囲の 修正の実例を解説します はい 今ですね このモデルさんが 選択されてる状態 なんですけど こういうとこがですね 例えば 拡大してみると こういった手の部分とかですね  指の間のところ ちょっとだけ 形が入りきってないですね はい このように 不完全な場所があります はい これですね 他の選択ツールで ま なげなわとかで 足してってもいいんですが やはり  この点線表示だと ちゃんと選択されてるのか わかりづらいので こういう時には ここのボタンを クリックして クイックマスクにすると どれぐらい 選択されてるか 選択されてないか 非常にはっきりと わかります はい じゃ その上でですね この部分見てみると はい この グレーになってる これ 元々の背景ですけど マスクが 入り切ってないので ブラシツールで 黒で 塗っていくことで このように 拡大することができます で この時なんですけど 他のこのエッジの部分 見ていただくと きちんと柔らかく 指との境界線が 出てますよね ブラシなんですが このオプションのところを 開くと 硬さってのがあります これが例えば 非常に硬い状態  100%とかになってると はい  塗った時にですね この境界が はっきりするんですね あんまりはっきりしてると このなじみが悪い ちょっとギザギザが 出てしまう可能性もあるので 例えば こういう エッジの部分なんかをやる時には 硬さを もう 0パーセント 柔らかくしてあげて 大きさを 適当なものにですね してあげると こういうとこ ちょっとづつ 作業していくことで 自然な形で この境界部分ですね 作ってあげることができます でさらに細かいところは ブラシサイズを もっと下げてあげて はい こんな感じですね この選択範囲を なおすというより ブラシで細かく 塗ってるだけなので 操作が簡単ですね はい 他のところも 直径をまず ちょっと広げて 大まかに 大きいとこですね  塗ってあげて はい こういった時ですね 画面を大きく ずらす時には スペースキーを 押したままにしてると 手のひらツールになるので 動かせますね はい  こんな形で ま 塗れるところまで ある程度の大きさで 塗っておいて はい そしたら ブラシサイズを下げて 細かいところを 丁寧に仕上げてあげると はい  もう少し小さく はい  こういったところも 細かいところを 仕上げてあげると ま エッジが柔らかいので 選択範囲も 自然になりますね これならね はい  このような状態にして 選択範囲に戻すと きれいに 選択されてて どのくらい選択されてるか きちんとわかりやすいと はい このように おこなうことができます 選択範囲の微調整には ぜひですね このクイックマスクを 活用してください

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。