Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

「マスク」の基本とマスクパネル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「マスク」を使う利点や、いくつかの作成方法、基本的な使い方、オプション項目の機能などを解説します。
講師:
08:43

字幕

このレッスンでは マスクの基本について 解説します はい 今ですね こちらの Photoshopで 立ち上がってる画像ですが 飛行機の窓から 映した画像です 羽が移ってますが これですね 実は レイヤーが 2枚になってまして この 上の飛行機を消すと はい こうした陸が 見えるんですね で 別々な写真ですね こちらの下の はっきりとした陸地と こっちの写真は  まあ雲が見えてて 陸があまり見えない というところですね はい じゃですね 例えば この2つの写真を 合成して この飛行機が この風景の中を 飛んでるようにしたいと いう時ですね 今いくつか方法はあって 一番簡単なのは この上のですね レイヤーを 例えば 消しゴムなんかで 消してしまえば 下 見えてくるんですけど 一回ですね 消してしまうと もう 取り返しがつかないので ちょっとですね 作業としては あまり いい手段では ありません こうした時に 便利に使えるのが マスクという 機能です はいでは早速 ちょっと使ってみましょう はい ではこの上の レイヤーですね 選ばれてる状態で このレイヤーの ウインドウの一番下の方にある このボタンですね [レイヤーマスクを追加] これをクリックします はい そうすると ここにですね 白い表示が見えました はい この状態で マックの方はオプション ウインドウズの方は Altキーを押しながら これ クリックしてみてください すると はい 真っ白になりましたね 実はこれが マスクの状態の 表示でして 白い部分は 元の画像が残ります なので 今真っ白なので 何も変わってない ということですね ではちょっとですね マスクを加工してみましょう ではこっちの白い方 選択しておいて ただのクリックですね クリックして選択しておいて はい そしたらですね ブラシツール これを選びます そしてブラシの 大きさをですね ま ちょっと大き目に とっておきましょう はい そしたら描画色は 黒ですね はい この状態で ま 普通にこれで書けば この黒で 直接描画されるんですが こっちのレイヤーマスクの側が 選択されてると さあ 見てください はい このような感じで はいもう一回ですね オプションまたは Altを押しながら クリックすると これ今 描いたところですけど これはですね ブラシで黒を書いたところが 下地が見えますね こんな感じに 黒で書いたところが 透明になってます はい じゃまた レイヤーマスクを選んで じゃ 今度はですね 描画色を 白に設定します そして 同じところを 塗ってみると 今度は 元々の 上の画像のところが 復活してきます さあ このように 消しゴムのように 完全に消してしまったのではなくて マスクは一時的にですね この マスク上を 黒で塗った部分を 隠してるんですね なので 逆に 白で塗ってあげると ちゃんと隠していた部分が 復活してくると こうした 大変便利な 機能です これですね このままブラシで 塗っていってもいいですし 実はですね この 画像の上のレイヤーには チャンネルのところを 開けると この透明の部分がですね 保存してあります はい ではですね 一度この レイヤーマスクですね これをごみ箱に ドラッグして はい で[削除]というとこを クリックしてください はい そうすると今 消えましたね はい そしたら この保存してある 選択範囲ですね Alpha1 これをクリックして 選択した状態で 選択範囲ですね これをクリックすると 選択範囲として 読み込まれました じゃこの状態で このRGBという方を押してですね レイヤーに戻って またレイヤーマスクの ボタンを押すと はい 選択されている部分だけが 残って 他はですね 下の絵が見えてると こんな感じで簡単に マスクを 作ることができます ま ちなみにですね このように 完全に下が見えてる状態でも できますし また オプションまたは Altを押しながら クリックすると さっきやったように こう白黒の表示で 見ることもできます またですね シフトキーとオプション またはAltキー マックの方はオプション ウインドウズの方はAltと シフトキーを押しながら こうクリックすると はい 透明の部分が この赤いクイックマスクの 表示になります これも見やすいですね 大分わかりやすい 表示となります はい それでですね このマスクなんですが これ ただのですね 白と黒で描画しただけの 画像なので 結構いろんなことが できるんですね 例えばこっちの レイヤーマスクを選んだ状態で [フィルター]のメニューの [ぼかし]から [ぼかし(ガウス)] これ開けてみましょう はい そしてですね はい これ移動させてくると もしくはこれ縮小してくると これ白と黒の部分があるので ここにですね ちょっとわかりやすいぐらいに 大きくぼかしをかけてみます するとマスクの境界が ぼけますよね そうすると ここの 画像の切り抜きにも 影響して エッジの部分がぼけてくると はい こんな マスクにフィルタをかける ということもできます はい でフィルターをかける こともできますし 実はマスクには オプションの項目があります はい この レイヤーマスクですね ダブルクリックすると この[属性]という ウインドウが開いてきます ここで[ぼかし] というのがあるんですけど これをドラッグしてみると マスクのエッジの部分が ぼかされて さっきと 同じような感じとなります はい ではですね また戻して ではですね 次にここの またマスクを 選んだ状態で 今度は[イメージ]の [色調補正]の [レベル補正] これ開けてみましょう さあそしたらですね この出力レベル というところを いじってみると こんな感じで 透明度が 変わってきますね これ わかりやすいように またオプションまたは Altを押しながら レイヤーマスクを クリックして このように 白黒表示をした状態で 今の[イメージ]>[色調補正] >[レベル補正] これの [出力レベル]の こっち側ですね いじってみると はい こう動かすほどに どんどん グレーになってますね はいこれは 真っ黒だと 完全にマスク 真っ白だと完全に 透明になっています でグレーは その濃度に応じて 半透明になってるんですね なのでこれで レベル補正によって マスクが グレーになってるので その部分が 透けてる という状態になってました ただこれもですね 同じことが実は こっちの マスクのオプションで できます この[濃度] というとこですね これ今 100パーになってますけど これを下げてくと このように うっすらとですね 元の画像が見えてきて ゼロにすると完全に 元の画像になっちゃいます なので例えばこれ 適度にですね これだと  ちょっとクリアすぎるので だんだん ちょっとだけ 雲が見えてるようなとこですね これぐらいに してあげると 前の画像と 下の画像ですね 上と下のいいとこ取りで ちょうど 中間の画像ができると そんな使い方もできます さあ このようにですね マスクは非常に様々な こうした写真の合成などに関して 非常に幅広く 使える機能です

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。