Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

透明グリッドの色を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
すべてのレイヤーを対象にした処理を行う際などのために、透明グリッドの色を変更する手順を解説します。
講師:
06:23

字幕

このレッスンでは、透明部分を表す 透明グリッドの色を 作業の必要性に応じて変更する 手順をご紹介します。 はい今この画像なんですけど、 上の画像にはすでに レイヤーマスクが適用されています。 で下はベタ塗りのレイヤーですね。 はい、じゃあちょっとズームツールで、 この顔のあたりですね。 ズームしてみると、 はい、毛先が不自然ではないんですけど、 少しすっきりとですね、 処理したいという ちょっとブツ切れ感がある 感じになってます。 はいこうした時ですね、 この指先ツール、 これ出てない場合には、 ぼかしツールとかになってますので、 長押しすると、指先が 選択肢にありますね。 これでこすることで、ちょっと 流れるような感じ出せるんですが、 このレイヤーを直接加工してしまうと、 戻せなくなるので、 そういう時はですね、 新規のレイヤー、これを作ります。 はい、新規レイヤーを選んで、 指先ツールだと、このオプションがあります。 はい、合成データからコピーデータを サンプルというのがあるので、 これをオンにします。 これをオンにしていると、このレイヤーに対して 作業を行うことで、 下のこっちの画像の内容が反映した 修正が行えるという形になっています。 ちょっと実際やってみましょう。 はい一番上のレイヤーを選んでおいて、 指先ツールですね。 じゃブラシサイズ、4とかでいいですかね。 強さは40%でやりましょう。 はい、じゃあ毛先の部分ですね、 これで、さささっと、 ドラッグしてあげると、 はい、ちょっと分かりずらいですけど、 変わってきてますね。 さっさっさとやるとですね。 はい、こんな感じでいいでしょうかね。 はいでこの一番上の透明レイヤーですね。 これオンしてみると、 これ作業前です。 作業後と。 はい、結構違いますね こんな感じでちょっと くっきりしすぎていたのを、 自然にフワッとした感じに したんですが、 はい、こうしておけば、 元のレイヤーは何にも変更しないままで、 新しいレイヤーとして 作業できるというわけです。 これ大変便利なんですが、 ちょっと一個落とし穴があります。 では、このベタ塗りのレイヤーですね。 見えなくしてみると、 なんと、ベタ塗りのレイヤーも 一緒に色が伸びてるんですね。 はい、これ全部のレイヤーを対象に これをオンにしてるので、 ベタ塗りの色も伸びてしまうという、 そんな罠があります。 かといってこれ表示してないと、 作業してて分かりずらいですよね。 はい、そんな時は、この透明グリット、 チェック模様、 これの色を変えてしまって作業する という手があります。 はいではですね、このベタ塗りは 表示をオフにしておいて、 でこの失敗したレイヤーですね、 これは捨ててしまいましょう。 はい、そしたらですね、 今この透明グリッドの部分、 こんなグレーと白のチェックなんですけど、 これを変更します。 はい変更する場所ですが、 マックとウィンドウズで違います。 マックの場合は、Photoshopメニュー、 この中の環境設定の 透明部分・色域、これを選びます。 ウィンドウズはですね、 このPhotoshopメニューっていうのが ないので、 編集メニューの一番下に、 環境設定っていうのがあります。 そちらから同じように、環境設定の 透明部分・色域、 それにアクセスしてください。 はいこれ選びます。 はいそしたらですね、このグリッドの設定 っていうのがあって、 これを選ぶことで、 明るさを変えられます。 これをカスタムというのにすると 好きなようにできるので、 それで設定しようと思うんですが、 今回ですね、さっきのベタ塗りの色と 同じものを使って作業したいので、 まずこのベタ塗りの色を取得しておきます。 ではベタ塗りレイヤーですね、 いったん見える様にして、 このカラーをダブルクリックして、 そしたらですね、この数字です、 このカラーコードという数字があるので、 これを選んで、マックの方はcommand、 ウィンドウズの方はCtrlを押しながら、 Cを押します。 するとコピーされました。 じゃこれキャンセルして、 はいまた見えなくします。 そしてさっきの透明部分の 設定、戻って、 グリッドカラーをですね、カスタムにします。 そうすると色んな設定が出てくるので、 ここにさっきのもの貼り付けます。 マックの方はcmmand、ウィンドウズの方は Ctrlを押しながらvですね。 アルファベットのvを押すと、 はい貼り付けられて、 さっきの緑になりましたね。 ではOKします。 そしてこの二色目、もともとグレーだった 部分の設定も出てくるので、 これで、同じように貼り付けて、二色同じ 色にすると緑のベタ塗りになりました。 じゃこれで、OKしましょう。 そしたらこの状態で新規レイヤーを 作ります。 ここに対して同じように 指先ツールですね。 これで作業を行います。はい。 多少見え方が、ちょっと 変わってくるかと思うんですけど、 こんな感じで毛先を作ってあげます。 はいそうするとですね、同じように オン、オフできるんですが、 今度はですね、これだけの表示にしても、 毛先だけになっています。 緑のままだと分からないので、 もう作業は終わったので、 また透明グリッドの、 色をもとに戻します。 すると、はいちゃんと馴染んでますね。 そうすると、背景が変わっても 色がちゃんとついてくるようになっています。 はい、さっきはですね、 緑の色が一緒についてしまっていましたが、 この状態であれば、色を変更しても、 ちゃんと、どれにしても 対応できる、 透明にしても対応できるという、 そのような状態になります。 はい、基本的にですね、 このグレーと白で使うことの多い 透明グリッドですけど、 このように必要性があるときには、 一時的に環境設定から、 変更することが可能です。

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。