Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

チャンネルから直接マスクを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
チャンネルの情報を元に、アルファチャンネルを介さずに直接マスクを作成する手順を解説します。
講師:
03:28

字幕

このレッスンではチャンネル から 直接マスク を作成する手順を解説します それでは この「チャンネル」 のタブを開いて このレッド・グリーン・ブルー の チャンネル から アルファチャンネルを介さずに 直接マスクを作る手順を解説します まずは3つのチャンネルを見比べて 一番切り抜きたい部分 今回はリスとこの石ですけど それがエッジが明瞭に出ているものを 選んでください 今回は 「レッド」 ですね これを選んだらここの 「チャンネルを選択範囲として読み込む」を クリックします するとこの 「レッド」 のチャンネルが そのまま選択範囲になります そしたら「 RGB 」 をクリックして この「マスクを追加」をクリックすると さっきの「レッド」 のチャンネルで マスクが作成されます Mac の方は option キー Windows の方は Alt キーを押しながら これをクリックすると マスク が見えて さっきのチャンネルの内容と 同じなのが分かりますね この表示だと見づらいので 下に背景を作っておきましょう Mac の方は command Windows の方は Ctrl キーを押しながら ここをクリックして「べた塗り」 そしたら今回は白にしておきましょう そうすると白の 「べた塗り」 が出来るので これを下に持っていってあげると こんな感じで幾分分かりやすくなりましたね そしたら又 Alt もしくは option を 押しながら マスクをクリックしてこの表示にします ここに対して「イメージ」の 「色調補正」を加えられるので 「レベル補正」 そして 「レベル補正」を使って コントラストを 上げるとより明瞭になっていきます このエッジの部分を明瞭にします そして 「OK」 すると このマスク の部分の コントラストが上がって結果的に 「マスク」された範囲も かなり明瞭になります そしたら又このマスクだけを表示して この背景の不要な部分は 黒で塗りつぶせば透明になるので 投げ縄ツールで フリーハンドで囲って これで「塗りつぶし」 の「ブラック」 で 塗るとその部分は無くなります この要領で残す部分は白く 無くす部分は黒く 分ければ 「マスク」 が出来ます 途中でアルファチャンネルを作らずに じかに選択範囲からマスクを作って 作業しても OK です

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。