Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

筆圧でブラシをコントロールする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペンタブレットを用いてPhotoshopを操作する際、筆圧により描画結果のサイズや不透明度をコントロールし、描画に変化を付ける手法を解説します。
講師:
04:34

字幕

このレッスンではペンタブレットの 筆圧を使ってブラシを コントロールする手順をご紹介します それでは今あるこのレイヤーですね これにレイヤーマスクを追加しておきます さあそして描画色です 黒を選んでおいて そこにブラシを選んで レイヤーマスクに何かを書くと そこが透明になります 今 まだこれは マウスを使って操作しています ここから先 ペンタブレットを使います ペンタブレットを使わないと 同じようにはならないので ご了承下さい それでは このブラシのオプションを開けます そしてシェイプというところです このコントロールというところ そこに筆圧というのがあります ではこれをONにします ここがちょっと変わりました そうしたら この状態で ペンタブレットを使って描画してみます そうすると このようになります 弱く書いています すると細いですね 力を入れます 太くなりました だんだん力を抜きます 細くなります 弱く 強く 弱くと 強弱をつけていますけれど このように強弱に合わせて 線にも 太い細いの変化が付いてきます さあ 直径をもっと大きくしてみると 今 弱く書いています 強く書きます だんだん力を抜きます このように 本当にペンで書いているような 強弱がついてきます さあさっきの ここのコントロール 筆圧が入っていると このように サイズですね ペンのサイズを筆圧でコントロールできます これを例えばオフにしてしまうと 同じペンタブレットで書いているのですが 今 力を入れたり弱めたり しているんですけれど 一定です タブレットで操作しているけれど 強弱をつけて欲しくないという時には むしろ さっきのところですね ここの シェイプのコントロール これをオフにしておきます ペンタブレットなのですが これがペンタブレットの コントロールパネルです ちょうどこの筆圧レベルというグラフがあるので ちょっと参考に見ていただこうと思いますが 今ペンをちょこんとおいてみます 力を入れずにおいてみると これだけでも 結構感知されています で かなりぐいっと書いてきて これが大体 鉛筆で字を書くときくらいの 力の入れ方です それでもまだ半分くらいです ではぐいっといって ちょっと心配になるくらい 紙だったら穴が空いちゃうくらいかな というくらい押してこれくらいです なので かなり 触れただけから 字を書くくらいから もうぐいっとすごく力を込めるところまで かなりのレベルを検知してくれます このようにしてかなりPhotoshop上の 操作にも 強弱をつけることができます わざわざ さっきのオプションを開けないでも 通常 操作中にそうした ON/OFFをすることもできます 例えば この流量というところです ここの この的みたいなやつです これをONにしておくと 同じようにこの強弱ですね さっきのやつと同じです この強弱の機能がONになって これをOFFにしておくと 太さは一定になります あとこの不透明度です これも ここをONにしておくと 今弱く書きます 弱く書くと ちょっとだけ下が透けます 強く書くと ごそっと穴があきます 弱く 強く 弱く 強くと こんな感じで強弱がつきます 両方あると 太さと透明度 両方に 変化がつくような描画が行えます ペンタブレットをお持ちの方 マスクの作成にも こうしたニュアンスの表現は かなり便利に使えますので ぜひとも使ってみて下さい

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。