Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

雲を素材に霧を合成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
最終結果とは大きくイメージの違う雲の写真を素材にして、暗がりに広がる霧を表現する合成テクニックを解説します。
講師:
04:32

字幕

このレッスンでは 雲の画像を応用して 霧を作ってみましょう はい それではですね 今 開いている画像なんですけど 草原があって もう一枚 オフになっているレイヤーがー これ 空に雲が浮かんでいる所ですね はい ではこれを使ってですね この草原に霧が浮かんでいるような感じの 画像を 作ってみましょう では まずですね これだと霧が目立たないので この草原の景色を ちょっと 夜か明け方っぽくしてみましょう では 草原のレイヤーを選んでいる状態で 色調補正から色相・彩度 これをクリックします そうしたら ちょっとかぶって邪魔なので このタブをドラッグすると切り離せるので ちょっとずらしておきましょうね では まず色を変えるんですが 色彩の統一をクリックしておいてください はい そうするとこんな感じで モノトーンになりますね そうしたらこの色相をコントロールして ちょっと青っぽい所へ持ってきます で これが彩度ですね 鮮やか過ぎるとおかしいので ちょっとくすんだ所に持ってきます そして 明度を落としていくと このような感じに はい ちょっと夜っぽいような雰囲気ですね こうなってきます では これはこれでOKですね 次に 空のレイヤーをオンにします そうしたらですね描画モード これを覆い焼き(リニア)・ 加算というものにしてあげます すると こんな感じに重なって 下地が見えてきますね はい そうしたらですね この上にまた色調補正を作ります 白黒これを足してやります ただ これだと全部白黒になってしまうので この空のレイヤーだけにかけたいので 下のレイヤーだけに 適用のボタンを押します すると この草原のレイヤーの 青が戻ってきましたね そうしたら この白黒なんですけど モノトーンにした後にもともとの画像の どの色の要素を増やすか減らすかとー その設定ができるので 空の青い色を抜きたいので シアン系とブルー系 これを 下げていきます 特にブルー系を 大きく下げると 一気に雲だけ残りましたね シアン系も下げると かなりなくなりますね はい こんな感じで適度に 残った所になりましたね はい そうしたら この空の方にあると 雲になってしまうので この空に レイヤーマスクを追加します そして このレイヤーマスクに対して グラデーションツールですね これが黒と白になるようにして この空の部分に この雲がなくなるような感じで グラデーションを作ってあげると 空は真っ黒で この草原にだけ霧が かかったようになります そうしたらですね これではちょっと出過ぎなので ここに対して ブラシを持ってきます はい そうしたら ブラシで黒く 塗っていけば消えていくんですけど ごそっと塗るとなくなってしまうので 流量を5%にします 極端に多いですね で 不透明度100%で ブラシのサイズを 大幅に上げてですね はい 硬さも0にしておきます そしてこの 濃すぎる所をですね こう こすっていくと ちょっとずつ 消えていくので これでですね 目立ちすぎるー(クリック音) 雲っぽいところを削っていくとー (クリック音) 一気に霧の雰囲気が 出てきますよね はい こんな風にしてなじませてあげると もともと雲だった 空の画像を使って この草原に 霧を合成することができました

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。