Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

色域指定で切り抜く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グリーンバックで撮影された素材に対し「色域指定」を利用してベールなどの半透明の部分を保持しながら切り抜くテクニックを解説します。
講師:
04:26

字幕

このレッスンではグリーンバックで撮影された 素材の背景を透明にする手順を解説します この写真ですけど 緑色の背景で撮影されています 青の時もあるんですが そうした グリーンもしくはブルーのバックですね 特に 写真だけでなく 動画撮影でもよく使われるんですが この 色だけを切り抜いて 簡単に切り抜きを行うという そういった目的のために こうした背景で撮影されます この写真を見ると このモデルさんの所はいいんですけど この ベールは半透明になっています なので 普通に切り抜いただけでは こういった背景の色が残ってしまうので こうした 半透明をケアする方法で 切り抜く必要があります それでは まず 一個目の方法をやってみましょう 「 選択範囲」のメニューから 「色域指定」をクリックします すると こんな表示になっていますが 「選択範囲のプレビュー」を 一回「なし」にしておきましょう 特定の色ー 選択した色を選択範囲にする機能です なので このグリーンの色を拾って 透明の部分にすればいいわけです では 分りやすいように こちらの小さい方を「画像を表示」の方にして 元の画像を出しておきます こちらを「グレースケール」にすると 選ばれた部分が非常に分りやすいので この設定にしておきましょう では設定で「 選択:指定色域」で 「許容量」を80にしておきましょう 「 階調の反転」ですが 最終的に残すのは この人物の部分なので それを踏まえた上で この階調の反転をやっておきます では このスポイトを選んでいる状態で まずこの濃い緑の辺り この辺をクリックしてみましょう するとこんな感じにー この黒い所が透明になってくるので かなり一気にいきましたね ただ これはグラデーションになっているので 選ばれていない部分もかなり一杯あります 色を追加したい時には こちらの+のスポイトをクリックして 余り拾えていないグリーンの部分 明るいグリーンの部分をクリックすると こんな感じになりました こっちも少し残っていますね 端のこの辺もクリックしてやると さらにいきましたね これで この背景は全体が選ばれて しかも半透明の所はちゃんと半透明で選ばれて いるという非常にいい状態になりました では ここで「OK」します これでレイヤーマスクを作成すると こんな状態となりました ちゃんとベールが透けている状態ですね ちょっと分りづらいので 背景を一個作りましょう Mac の方は command キー Windows の方は Ctrl キーを押しながら ここをクリックして「べた塗り」を実行します カラーピッカーで一番左上を選んで「OK」 して「べた塗り」を下に持ってくると 白背景になりましたね そうしたら このエッジの部分で ガタガタしている所があるので こういった所は このマスクをダブルクリックして 「マスクの境界線 」を使って まだ粗い感じですので 「半径」などを調整して エッジを少しシフトさせたり あと 緑が少し残っているので 「不要なカラーの除去」をかけると かなり自然になっていますね 「 不要なカラーの除去」を行うと 元の緑がだいぶ抜けて 綺麗に抜けた状態になっていますね はい これで「OK」すると 綺麗に抜くことができました このように グリーン一色などで作られた 背景の画像は 「色域指定」を使うと かなり 簡単に抜くことができます

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。