Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

猫を合成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
毛足の長い猫の写真を効率的に切り抜き、全く違う他の背景に合成する手順を解説します。
講師:
08:41

字幕

このレッスンでは 猫の切り抜きを 解説します はい この猫ですね かなりフサフサして 切り抜きにくそうな 猫なんですけど これをですね 新しい別の背景に 合成してみようと思います はい それではですね まず おおまかに 切り抜くんですが これを使いましょう [クイック選択ツール]ですね これは ドラッグしたところを 自動判定して エッジを ちゃんと認識してくれる 非常に優秀なツールなんですが この さすがに 画像になってしまうとですね なかなか手ごわいです はい 普通に ドラッグしてみると このように どうしてもですね はみ出して なかなか上手くいかないことに なってしまいます ではですね この大きくはみ出た部分だけ マックの方は オプションキー ウインドウズの方は Altキーを押しながら こうすると マイナスされるので 余ってもいいので 大体 概ねですね カバーできるように やってってください 大きくはみ出たところだけ このように マイナスしてあげてですね 後は大体 選ばれていれば結構です はい ここらへんも このように 加えてってですね 大きくはみ出たところは マイナス はい  この辺もですね はい もうこの 石畳の上なんかは 同じような グレーなんで 非常に 選択しづらいです このように一辺に いってしまったりするので こんな感じですね マイナスしてあげて 概ね 猫の部分が 選ばれるように 全体を 囲んであげます はい  こんなもんでしょうかね はい そしたらですね 猫のレイヤーに レイヤーマスクを追加します はい この段階では ガタガタですね ではこの レイヤーマスクですね これダブルクリックして そしたら [マスクの境界線] これをクリックします はい そして ここにズームツールがあるので 詳細を見てあげて はい では こうしたですね 毛足のとこなんですが ブラシを選びます このブラシですね はい そしたら 直径を調整して この毛の部分ですね をドラッグしてあげると こんな感じで 上手い具合に 判定してくれて 毛だけが残っていきます きれいなエッジを 作ることができるので これで全体を ケアしていきます はい こんな感じですね 細い毛も ヒゲなんかもですね かなり自然に 残すことができます はい で今ですね これ 重ねている背景が 見えてますけど これがですね [レイヤー上] となってると ちゃんと見えます これが例えばですね 黒地とかですね 白地とか 色々選ぶことができるので 見やすいところで 調整していきましょう ま 今回背景に 馴染ませるので この合成結果の背景を 表示しながら 作業しています はい こんな感じで 毛がですね 自然に出てくるようにしてあげます はい こんな感じですね 塗ってくことができます はい で もう少しですね はい これで 全体を ケアすることが できました はい  では見てみると こんな感じですね 概ねきれいになってるので じゃ これでOKを クリックします はい  そうすると こんな感じで ズームしてもですね 毛の一本一本まで きれいに切り抜かれてるんですが ちょっとまだ 馴染み方が もう一歩かなというところですね はい 例えばですね この 今 毛の部分が ちょっとはっきりし過ぎて しまってるんですが これが例えば 描画モードを変えて [スクリーン] なんかにしてみると はい この エッジの部分 きれいに 馴染みますよね ただ こうすると 全体が こんなんなってしまうので このままでは いけないんですが はい これ  いいとこ取りでですね このエッジの部分だけ こちらを使うような形で やってみようと思います では この状態で 右クリックして [レイヤーを複製]します はい そしたら この上のレイヤーの 描画モードは [通常]に戻します はい  そしたらですね この上のレイヤーの レイヤーマスク ダブルクリックして [マスクの境界線] これをまた クリックします そして エッジの部分ですね 普通にしてあげて そしたらですね この中で [エッジをシフト] というのがあるので これを左の方に動かすと はい だんだんですね このような形で エッジがですね 内側の方に 引っ込んでいって 下が見えてきましたね これでは段差が できてしまうので ぼかし  ちょっとあげてやると こんな感じに 段階的に 変わってくようになります これをですね 両方調整してあげると この毛の 先端のとこですね ここだけ 多少光を 通してるような感じで 出てくるので 立体感が 出てきますね はい じゃ そしたら これで OKします はい そうするとですね 全体をまた 引いて見てみると 後ろのレイヤーを オンオフしてみると こんな感じで 大分ですね 馴染む感じになってますね はい そしたらですね ちょっと不自然に なってるとことか 透明になってしまってる とこですね この辺を 直してあげましょう では はい このレイヤーマスクですね クリックしたら ブラシですね ブラシを選びます で描画カラー  黒にして そして 流量をですね これを10パーとか 小さい値にしておきましょう はいそしたらこの ちょっと光すぎかなあ というところを 少し 消してあげると ちょっと 馴染んできますね はい ちょっと あまりにも浮いてるかな ってところを 軽くケアしてあげます はい そしたらですね この辺は 少し透けてしまってるので 今度は流量を戻して 100にして はい 白にしてですね でブラシを柔らかく 硬さ0にして この辺を やってあげれば 消えてしまってる 足の部分とかですね 復活させることも できます はい  こんな感じですね はい  これで全体を見てみると はい  かなり自然な形で 猫を新しい背景に 合成することができました

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。