Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

合成した猫を馴染ませる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合成した毛足の長い猫の写真に対し、光や色の具合などが自然に馴染むように加工する手順を解説します。
講師:
08:06

字幕

このレッスンでは 合成された猫を さらに 馴染ませる手順を解説します はい それでは 今ですね この背景の上に 猫が合成されて 毛足の処理も おこなわれている状態です これですね さらに 馴染ませていきましょう まずですね 背景と比較して 色が 微妙に合ってないですね 少し この猫の方が 白っぽ過ぎる感じがするので 微妙にちょっと 調整してみましょう では[色調補正]から [トーンカーブ]を適用します はい そして この1番上のレイヤーだけに 効くように 直下のレイヤーだけ のボタンを押しておきます はい そしたら このRGBを ブルーにします はい ブルーにした状態で このカーブを変えてみると このように 色が変化しますね なので真ん中辺りを 少しだけ下げてやると はい どうでしょう オンオフしてみると 若干 色が変わってますね こちらの緑と 雰囲気が合うようになりました さあ これでまず 大分  雰囲気が合いましたね はい そしたらですね 次 詳細のところです はい かなりまあ 自然に合成されてはいるんですが やはりですね もう少し この くっきりし過ぎてるところを ぼかして 馴染ませたいなあ と思います はい ではですね 新しくレイヤーを 1枚作ります 新規レイヤーですね そしたら ツールの中から この[ぼかしツール] これを選びます これはですね ドラッグしたところを ぼかすことができる ツールなんですが 今なぜ新規レイヤーを 作ったかというと こっちをですね じかに変えるのではなく そのぼかしをかけた部分だけ 新しいレイヤーに 適用するという そういう手法を 取ることができます では あらかじめですね このスイッチです [合成データから コピーデータをサンプル] と これがオンになってると このレイヤーを 作業することで 下の画像がですね ちゃんと ケアされたような形となります では こうした エッジの部分をですね これを軽く こんな設定で こすってみます あとこの毛足の部分ですね ちょっと はっきりし過ぎているので ぼかしてあげます はい こう処理をおこなって これオンを押してみると この辺り 見てくださいね 馴染みましたよね はい このようにして 下のレイヤーを 破壊しないままで 効果だけを このレイヤーに 適用することができます はい  こうしたとこですね あまりにまあ はっきりし過ぎていても 不自然なので 多少ですね 馴染むような形に 処理してあげます この毛は見えていても 若干ですね ぼやけているぐらいの方が 多少リアルに見えますね はい こういったとこですね 若干のぼかしをかけてあげます そうすると背景と一緒に ぼけてくれるので 自然な感じで馴染むように なりますね はい こういったところも ちょっとですね 部分的に 多少差をつけてやると よりですね 立体感が出てきますね このへん ピントがあまり合っていない部分は ぼかしを 大目とかにしてあげると このように馴染みますね はい このような形で より一層 馴染んだ形となりました そしたらですね 次 明るさですね この辺 もう少し 影ができたりしてても いいはずなんですけど 割とそれがないので それをですね  ケアしてあげようと思います はい それではですね 影の作業用に また新しくレイヤーを 作ります 新規のレイヤーを作ります そしたらですね ここに対して [編集]の[塗りつぶし]から [50%グレー] これで塗りつぶします はい そして  これをですね 描画モードを [オーバーレイ]にします すると 何も見えなくなります このオーバーレイなんですが 50%ぐらいは 全部透明になります そして50%より 暗いところは暗く 明るいところは 明るく出ると 50%ぐらいが 完全に透明になるという そういった性質の 描画モードですね はい そしたらですね ここに対して このツールです [覆い焼きツール] というやつを選びましょう はい そして [露光量]ってやつですね これ50%くらいに しときましょうかね はい でブラシサイズを 大きくします はい この覆い焼きツールはですね ドラッグしたところが どんどん明るくなってきます 例えば この 背景の明るいところですね これさらに明るくしよう なんていうと これドラッグしてると こんな感じでちょっと うっすらと 明るくなっていきますね ここ見ていただくと わかるんですけど 今このレイヤー 1回 通常にすると ここが部分的に 明るくなってます なので最終的に その明るい要素だけが 残って ここが 明るくなってるんですね はい このようにして 白い部分なんかをですね より このようにして 明るくしてあげます はい そしたらですね 今度はこういうところは 暗くしたいんですけど 暗くする時には マックの方は オプション ウインドウズの方は Altキーを押しながら ドラッグすると 今度はこんな感じで 暗くなります はい 自然な感じで 影ができましたね はい そしたらですね こういう背景の 一部なんかもですね ちょっと暗く してあげてですね はい じゃ こっちの方なんかも ちょっと こっちの林のところを 落としてあげると よりメリハリがつきますよね はい 猫のこのへんも 幾分落としてみましょうかね はい で明るいところ もう少し強調してあげたりすると はい そうするとですね 全体的に大分 メリハリの効いた感じに なりますね はいこんな風に 作業できます はい そうしたらですね 仕上げに もうちょっとだけ 色を直しましょうか では1番上にですね またトーンカーブを 適用します はいそしたらですね 全体 今度は 背景と猫とまとめて 色をちょっとだけ 直してみましょう はい  それではですね まず レッドのチャンネルですね これを若干 本当に少しだけ  真ん中を上げてやります はい 少し暖かい感じの 色になりましたね そしたら  例えばブルーなんかをこの 頭をちょっと下げて こっちの下の方ですね これは微妙に 上げてやったりするとですね はい 微妙なんですけど やってみると 元はこれですね まあ割と普通に写真を撮った みたいな感じになりますけど これが入ると 若干色味がですね 暖かい感じになって 作品として作ったような いい感じの色になりますね はい このように 合成した後の 処理ですね ケアすることで より馴染んで 作品としても 質感の 高いものにすることができます

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。