Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

カスタムブラシでマスクを描画する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
動物の写真を切り抜く際、Photoshopのカスタムブラシを活用して毛の部分を上手くマスキングするテクニックを解説します。
講師:
06:17

字幕

このレッスンでは カスタムブラシを 使って マスクを調整するレイヤーを解説します それでは 今こういった画像がありますので これを切り抜いてみましょう 「クイック選択ツール」で ー少し拡大してー こういったところを選択していきます 後ろの地面の色と動物の色が ほとんど一緒なので こういったところはいいんですけど この背中の長い毛とかは なかなか難しいですね このようにして はみ出してしまったら Mac の方は option Windows の方は Alt を押しながら ドラッグすればその部分が 消えていきます こんな感じになりました 中も塗って これで レイヤーマスクを作成すると こんな感じに周囲がガタガタになります レイヤーマスクをダブルクリックして 「マスクの境界線」に行きます そしたらブラシを使ってですね。 マスクの境界線、ここに行きます。 そしたらブラシを使って 「直径」を少し上げて この境界の部分を このようにドラッグしていくと ある程度毛が拾われていきますね じゃあこちらの方も行っていくと 拾われてはいくんですが やっぱり長い毛が どうしてもなかなかケアしにくい 感じになっています 頭の部分もこのように囲んで これで一回「 OK 」とします 少し見づらいので 背景に色を入れましょう では Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら ここをクリックして「ベタ塗り」を実行します では この RGB のグリーンのとこだけ128で 他二つを0にすると こんなグリーンに なるので これで OK します これを下に持ってくると この辺がいい感じになってないですね これを この毛の形を保ったままで こっちと同じ位に マスクを調整したいんですが 通常のブラシでは こういう通常の丸い感じのブラシだと なかなか上手くいきにくくなっています マスクのとこを選んで塗っていくと 内側はいいんですけど外側のところの 毛の感じを出していくのが 難しくなっています そこで この通常入っているブラシではなく ブラシの先端をこの最適な形の ものを使って作業してみようと思います こちらのボタンをクリックすると 「ブラシプリセット」で 色々なブラシが入っているんですが この中に適したものがあれば それを使ってもいいんですが 今回毛皮のところに適したようなー カスタムのブラシを 外部から読み込んで使ってみようと思います Photoshop は ブラシのこのプリセットを 外部のファイルとして保存できます そしてそういったブラシは 自分で作ったものでもいいですし 例えば ネットで配布されていたりもします そういったものを使うと より様々な ブラシの先端を使うことができます 今 元々入ってるブラシの先端は こんな感じです これを覚えておいてください そしたら こちらの 「ブラシファイルの読み込み」を実行します そして このレッスンのアセットの中に fell.ABR という拡張子のファイルがあるので これを開きます 下の方に行くと  この辺に さっきはなかったブラシが増えています いっぺんに10種類ぐらい入ってますね これを使ってみましょう これをクリックすると 選ぶことができます では これを閉じて ブラシの設定を見てみると ここで選ばれてますね そしたら このレイヤーマスクを 選んだ状態で レイヤーマスクに対して塗ってみると どうなるかというと どうでしょうか いかにも毛のような感じですよね こんな感じで塗っていくことができます では一旦今のを取り消して ここの部分が ちょっと出すぎているので 例えば 黒を使って このように塗ると 塗ったところが毛のようになるんですけど これは刈り過ぎですね まずは この出すぎているところを 刈り込んであげて 刈り込みすぎてしまったところですが ここは白にして これで塗ることで かなり自然な 毛の感じを出すことができます 適度に不揃いになってくれるので いかにも切り抜いたって感じが しないですよね このような感じで 自然に処理することができました マスクだけ見てみるとこんな感じです もう自然な毛のような感じで 処理が行われています このように形の難しいところは カスタムのブラシを使って作業すると より自然に仕上げることもできます

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。