Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

エッジ部分の色処理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合成を行った後の画像に対し、エッジ部分の色がより馴染んた状態となるように調整するテクニックを解説します。
講師:
08:42

字幕

このレッスンでは、髪の毛のエッジ部分などの 色の処理について解説します。 はいそれではですね、この写真が あるんですが、ぼやけてる背景ですね。 こっちをですね、 ちょっと加工してみたいと思います。 じゃあまず第一段階として、この背景の 部分だけ色を抜いてみたいと思います。 はいそれではですね、色調補正から、 色相・彩度、これを持ってきます。 そしたらこれをですね、人物の一個上に 置いておきます。 はいではですね、この状態で、 はい、このパネルですね。 この緑の色ですね、 この色だけをなくしたいので、 この部分をクリックします。 はい、これをクリックすると、 この色相・彩度の、項目を、 選んだ特定の色範囲ですね、 とこだけ適用できるようになります。 その色を選べるようにするのが、 これですね。 ではこのグリーンの部分、これをクリックします、 すると、 ここに範囲が作られましたね。 そしたらこの彩度、これを下げます。 すると選んだ色の周辺が、 このように色がなくなりましたね。 メイドを上げると、このように 明るくなってくると、 はい、なんですが、この服とかもですね、 ちょっと緑っぽいので、 影響を受けてしまっています。 はいなので、ここはですね、影響を 受けないように、調整しましょう。 はいそれではですね、このレイヤーマスクの 部分ですね、これをダブルクリックして、 反転します。 はいそしたらですね、今、 こう見えなくなってるので、 ブラシに持ち替えます。 で描画色白ですね。 そしたらブラシを、硬さをですね、 ほとんどなくした状態、0にして、 サイズを大きめにしてですね、 はい。 これを使って、背景の部分ですね、 マスクに描いてあげると、 そこだけさっきの色相・彩度の、 効果が出てきて、色が抜けていきます。 この髪の毛の部分なんかもですね、 このように微妙な感じで、 ケアすることができます。 はいこの辺ほとんど、色がないですね、 はい。 そしたら描きすぎたとこですね、 こういったところは、黒にしてあげて、 こちらの方ですね、クリックすると、 はい、これで、おおむねですね、 背景だけが、 モノトーンとなりました。 それではですね、このオフになってるレイヤー これちょっとオンにしてみましょう。 はい、水面のきらめきみたいな素材ですけど、 これをですねちょっと重ねてみたいと思います。 では描画モードを、乗算にします。 すると、はい、背景の方がですね、 これが重なっていい感じになったんですけど、 ちょっと人物にも、もちろんかぶってしまうので、 このケアをしたいと思います。 はいそれではですね、 人物のレイヤーですね、 これを右クリックして、レイヤーを複製、 でもう一枚作ります。 で一番上に持ってきます。 はいそしたら、クイック選択ですね、 クイック選択ツールを選んで、 人物の部分のみですね、 選択していきます。 はい、こんな感じでドラッグすると、 ざざざざーっとですね、 選択できるので、 あとこの部分もですね、 はみ出したところは、マックの方はoption、 ウィンドウズの方はAlt押しながらですね、 クリックすると、除外できますね。 はい、じゃあこんな感じで、 この状態でですね、 レイヤーマスクを作成します。 はいそしてですね、こういったところ、 ケアするために、 レイヤーマスクをダブルクリックして、 マスクの境界線ですね。 はいそしたらブラシを使って、 こういったところを消してあげます。 そうすると、髪の毛のですね、 細かいところも、 切り抜くことができます。 はいこの辺もこのように処理してですね。 はい、それでOKしてやると、 このような感じになりますね。 はい、でこれでですね、 これで合成ができたんですが、 この背景が青いのに、 この髪の毛の微妙なところ、 ちょっと元の色が残っていますね。 またこの光の当たり具合によって、 もう少しこの、 これだけ青かったら、影響してきても いいんじゃないかなというとこですね。 この人物を一回消してみると、 はい、このエッジの部分は、 こういう色の方が自然ですよね おそらくね。 はい、さらにこの部分なんかも、 ちょっと青いのがあったほうが、 リアルなんですけど、ただ、 これはこれ以上マスクを作れないので、 こういった場合ですね、 この人物の上の方のレイヤー、 これをさらに右クリックして、 レイヤーからのグループ、これにしておきます。 はい、そしてグループに対して、 レイヤーマスクを作ります。 はい、そしたらこのグループの レイヤーマスクに対して、 例えば、髪の毛のこういうところですね。 こういう部分だけ、この下のこのレイヤーが、 見えてほしいので、 ちょっとだけですね、削ってあげます。 ではブラシを選んで、描画色黒ですね。 これでこの辺をこんな感じにしてあげると、 より背景に馴染みますよね。 こうエッジ部分の色が 背景部分に影響されてると、 より馴染んだ感じがします。 はい、こういったとこもですね。 エッジ部分の色を合わせてあげるだけで、 非常に馴染み方が違ってきますよね。 はい、そしたらここもですね、 スパって変わってるとちょっと変なので、 直径をですね、小さくしてあげて、 このままですね、塗ってあげます。 でこういうところで、不透明度、 ちょっと下げてあげてですね、 一気に変わらないように、 徐々に変わってくような感じですね。 はいこのように処理してあげると、 よりですね、自然に、 こちらの前とですね、背景が 馴染んだかたちとなります。 こういったところもですね、もうす少し、 これに対して、 塗ってあげると、 もうちょっと馴染んできますね。 はい、このようにしてですね、 一個の要素、マスクを作った後に、 グループにして、もう一個マスクを作ると、 このようにですね、 複数の項目について、 調整することが可能です。

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。