Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

ブロンドの髪の合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブロンドの髪のモデルの写真を夜の背景に合成する際、髪の毛の色が暗い背景に自然に馴染むように調整するテクニックを解説します。
講師:
09:58

字幕

このレッスンでは、この人物と この背景を合成します。 はいこれなんですが、単純に、 切り抜いて合成してしまうと、 このブロンドの髪の薄いとこですね、 色の薄いところ、 こういったところが馴染まないんですね。 なのでそれが馴染むように工夫して、 合成してみようと思います。 はいそれではですね、まず背景を オンにしておいて、 この人物の画像、何枚も使うので、 ちょっとコピーして使いましょう。 ではまず右クリックして、 レイヤーを複製、 これでOKします。 はいそしたら背景の上に持ってきます。 はい、で実はですね。これもう、 チャンネルの所にアルファチャンネルが、 あらかじめ作ってあります。 ではこれで選択範囲にして、 でこちらでですね、 RGBに戻して、ここれレイヤーマスク 作成を実行します。 さあそうすると合成はされたんですが、 さっき言った通り、 こういうところがなかなか、 うまくいかないですね。 はい、ではですね、こういうところが もうちょい雰囲気が出るように、 調整してみましょう。 ではいったんここ消しておいて、 また同じこのレイヤーを複製します。 はいそしたらですね、 この間の所に持ってきます。 そしたら、描画モードをですね、 スクリーンにします。 はい、そうすると後ろがちょっと 見えてますね。 そしたらここの一個上に、 レベル補正の色調補正ですね、 これをのせます。 はい、そして一個下のこのレイヤーだけに 効くように ここだけに効くような、一個下に適用 のボタンを押します。 はいそしたらですね、このレベルを使って、 こちらの方にぐいーっと スライドを持ってくると、 どんどんコントラストが上がって、 これもですね、こっちの方に持ってくると、 こんな感じにですね、はい、 大分白いところが消えて、 このエッジの部分なんですけど、 はい自然に背景と溶け込んだような、 色になってますね。 はい、ではこの状態、まずキープしながら、 ここで、さっきの切り抜いてある方を オンにします。 はい、そしてですね、こういう部分的に このエッジの部分だけ消してあげて、 こっちの下地が 見えるようにしたいんですが、 もうこれマスクが一個作ってあるので、 ここですね、右クリックして、 レイヤーからのグループ、これを作成します。 はいそしたら、このグループに対して レイヤーマスクを作成します。 はいそして、じゃあこのあたりですね。 ではブラシを持って、描画色が黒ですね。 はいそして、不透明度ちょっと 下げておきましょうね。 じゃあ20%ぐらいにしておいて、 はいそしてこのレイヤーマスク、 この部分ですね、 ここをですね、ちょっと塗ってあげると、 上のこのレイヤーが だんだん無くなって、 さっきのコントラストを調整したほうですね、 そっちが見えてきます。 そうすると、元々この髪をですね、 色調整したものなので、 比較的自然につながっていきますね。 こういったところも完全に 下の所が見える様にしてですね、 はいこんな感じにします。 はいじゃあこっちの方もですね、 もう少し、ブラシを絞ってあげて、 はい、そしてこの不自然に なってるとこですね、 これをどんどん削っていきます。 はいだんだんグラデーション的に、 合ってくようにすると、 はい、背景に溶け込むような 髪になりましたね。 はいそしたらですね、ここの部分、 いらないところが相当あるので、 こっちのレイヤーですね、 はいここにもレイヤーマスクを作ります。 はいそしたら、必要なの こっちの方だけなので、 ブラシですね、これサイズを、 思い切って大きくしてですね、 で不透明度も上げて、 この辺の明るくなってる所は 要らないですね。 この辺はこのように削ってしまいます。 こっちの方もですね。 はい、こんな感じになりました。 はいそしたらですね、ここの光が 今後ろからあったているので、 ここに影が落ちてると自然かなと思います。 はい、じゃあ影を作ってみましょうね。 そしたら、こっちのですね、もう一個 あまっている人物がありますね。 これをこの背景の一個上のところに 持ってくるので、 まずダブルクリックして、 独立したレイヤーにして、 この一個上に持ってきます。 はいそしたらですね、これ、 乗算にします。 はいそうすととりあえず 見えなくなってくるんですけど、 オンオフすると、うっすらとですね、 濃くなってるのが分かると思います。 はいそしたら、ここにレイヤーマスクを 作成します。 そして、基本的にほとんどなくしたいので、 レイヤーマスクをダブルクリックして、 反転をクリックします。 はい、そしたらですね、 ブラシを使って、 サイズをですね、 この足から伸びてくるぐらいの、 ところに調整します。 はい、そしたらですね、 カラー白にしてですね、 でレイヤーマスクに対して、 このように、 軽く描いてあげると、 はい、影が落ちてるような 感じになりましたね、 はい、これちょっとしたとこですけど、 ちょっとだけあると、 リアリティが増してきますね。 はいそしたらですね、このライトを もうちょっと強調したいので、 はい、新たに新規レイヤーですね、 一番上に作ってあげます。 そしたらブラシを持って、 はいこのライトの色をとりたいので、 マックの方はoptionキー、 ウィンドウズの方はAltキーを押しながら、 はい押しっぱなしにしてると、 このスポイトになるので、 これを拾います。 はいそしてですね、 今これ背景色に入ってるので、 これをクリックして、入れ替えます。 すると描画色になりますね。 はいそしたら、ブラシのサイズを 大きめにしてですね、 不透明度も弱くして、 はい、こんな感じで光を足してあげます。 はい、強烈な光で、 影ができてる感じですね。 そしたら全体の色をちょっと 調整してみましょう。 はいじゃあトーンカーブを一番上に 作ります。 そしてRGBのブルーですね。 この辺をちょっとこんな感じで、 調整してあげると、このまあ 水銀灯といいますかね、こうした、 港のとこにあるような灯りっぽい 色に大分なってきますね。 これで、人物の方と統一感が 出てくるので、 全体的に馴染んだ感じが出てきます。 さあこんな感じですね。 はい特にこの髪の毛が自然に、 この夜の青いとこに馴染んでいるので、 須藤ですね、自然な感じに なったかなと思います。 ぜひともですね、この同じレイヤーを、 かなり何枚も使っているんですが、 こうした合成も試してみてください。

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。