Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

他の背景を合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブルーバック撮影された素材を切り抜いた上で、異なる背景と馴染むように彩度なども含めた調整を行うテクニックを解説します。
講師:
06:24

字幕

このレッスンでは、切り抜いた写真に 別の背景を当てはめます。 はいそれではですね、こちら 別のタブに、 otherbg.jpgと、 背景用のファイルを開いています。 ではこれですね、移動ツールをもって、 はいこれをですねドラッグして、 こっちのタブに合わせて、 ここに放してあげると、 はいこのように持ってこられますね。 ではこれを一番下に持っていって、これですね ちょっと角度を変えようと思います。 角度と大きさを変えようともいます。 では画面ですね、 ちょっと縮小しておいて、 はいこのレイヤーを選んでる状態で、 マックの方はcommand、 ウィンドウズの方はCtrlを押しながら、 Tを押します。 はいするとこのように、変形モードになるので、 はいじゃあシフトキーを押しながらですね。 これを斜めにドラッグすると、 拡大できます。 そして外周がですね、この角のとこに 持ってくると、 回転させることができます。 はいこれらを使ってですね、 ちょっとこの配管が縦っぽく なってるような角度にしてあげて、 そして端っこが出てしまわないように ちょっと拡大しましょう。 はいこれでこんな風に合成ができました。 ではダブルクリックして、 確定させます。 はい、でですね、今この前と後ろだと、 ちょっと手前の色が 鮮やかすぎてしまってですね 切り抜きの所が、 合ってないですね。 なのでこれをちょっとケアしていきましょう。 では一番上にですね、この自然な彩度という 色調補正ですね。 これを適用します。 はいそしてですね、こっちの背景には、 効いてほしくないので、 この、下のレイヤーだけに 適用のボタンですね、 これをクリックします。 はい、ではこの状態で、この 自然な彩度、動かしてみると、 こっちにいくと、どんどん色が 濃くなってきますね。 ただ背景は影響ないですね。 こっちの左に持っていくと、 色が淡くなっていきますね。 なのでかなり淡くしてしまって、こんな感じだと だいぶ雰囲気があってきますね。 はいそしたら、ではちょっと今ですね、 この背景を見ると、 こっちの右上の方が軽い感じになってますね。 はい、じゃあ同じようにこっちも 光があったてないと変なので、 それも作ってみましょう。 ではマックの方はcommand、 ウィンドウズの方はCtrlを押しながら、 ここをクリックして、 はいグラデーション、これを適用します。 はいそして、白黒ですね、 これを選んで、 はい角度を調整してですね、 右上の方がこのようにですね、 白くなる感じですね。 で、この比率、変えていくと、 こんな感じで変わってくので、 はい、比較的こっちよりですね、 右上寄りにしておきます。 そしたらこれですね、 このレイヤーも、 この人物だけにかけたいので、 こっちのメニューから クリッピングマスクを作成と、 すると、はい人物だけに当たりますね。 そして描画モードをスクリーンにすると、 はいこんな感じで人物だけに 当たりました。 これ明るすぎるので、 不透明ですね、調整してあげて、 若干、こっちの方が明るい感じですね。 はい、このように調整します。 そしたらですね、少し、じゃあもう少し 質感を作り込んでいく感じで、 新規レイヤーを作成します。 はいそしたらですね、色を、 こっちのカラーピッカー一番左に 持っていってですね、 このBの値を50にして、 ちょうど中間のグレーを作りましょう。 はいそしたらですね、ブラシを持って、 流量、これをですね5%と 非常に低くしておきます。 はいそしたらですね、 これで塗っても かなり微妙な効果しかないんですけど、 それで、こうところですね、 少し塗ってあげて、 質感ですね、整えていきます。 はい、結構、わりとある無しで 違ってきますね。 はいこういったかたちで、 ちょっとだけ、雰囲気が出るように、 ペイントをしてあげます。 はい、そしたら仕上げなんですが、 背景がちょっとはっきりしすぎているので、 ぼかしをかけようと思います。 ただ直接かけてしまうと、 微調整ができないので、 まずこの背景のレイヤーを右クリックして、 スマートオブジェクトに変換、 これを実行しておきます。 はいその上で、フィルターの ぼかしから、 ぼかし(ガウス)ですね、 これをかけてあげます。 そして適度なとこですね、 はい見ながらOKしてあげます。 はいそうするとですね、 こうスマートオブジェクトになってると、 このスマートフィルターという 状態でかかるので、 こっちをダブルクリックしてあげると、 いつでも変更ができるんですね。 はいこれも適度なぼかしに しておきます。 はいこんな感じにですね、 まあポイントとしては、 クリッピングを使って、この切り抜き型だけに、 与える効果と、 あと、直しがきく感じですね、 直しがきくように、 スマートオブジェクトに変換したうえで、 背景にぼかしをかけると、 このように、やり直しのきく、 限定された効果なんかですね、 かけていくと、作業がしやすくなるので、 ぜひとも覚えておいてください。

Photoshop 一歩進んだ切り抜きワークショップ

Photoshopを使いこなすうえで、選択範囲やマスクなどを使って画像の一部を切り抜くテクニックは大変重要です。このコースでは、選択範囲やマスクを作るためのさまざまなツール、画像の種類に応じた切り抜きテクニック、合成した画像同士を自然に馴染ませる方法、髪の毛など切り抜きが難しい部分を簡単に処理する機能などをいろいろと紹介します。

6時間34分 (70 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 3,990
発売日:2015年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。