JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

スプラッシュスクリーンの表示

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アプリ起動時に、スプラッシュスクリーンを表示させる方法について解説致します。
講師:
02:47

字幕

このレッスンではアプリ起動時に スプラッシュスクリーンを 表示させる方法について解説致します まずダウンロードしてきたこちらの splash というフォルダの中に入っている― こちらの js フォルダの中の この script.js ファイルを エディタで開いて下さい こちらがそのファイルを開いた状態です このファイルを使って今回のレッスンの 解説を進めたいと思います それでは早速レッスンを始めましょう それでは順番に見ていきましょう まずこちらの部分です こちらの部分ですが こちらは jQuery の機能となっていて このように書いておくことで この script.js ファイルを読み込んでいる HTML ファイルの読み込みが完了した時点で こちらの { } の間に書かれている これらの処理を実行する といった形にすることができます 実際にスプラッシュスクリーンの表示を 行っている箇所が こちらの部分となります $('#pageSplash').show(); こちらの$(ドルマーク)のカッコの中に 書かれている こちらの要素を表示する といった命令になります こちらの $ の後のカッコの中に 書かれている要素ですが― #(シャープ)は ID を指し示すので pageSplashといった ID を持った HTML タグのコンテンツを表示しろ といった形になります 今回はこのpageSplashは スプラッシュスクリーンを 定義しているページの

タグでしたので それを表示しろといった形になります それではこの状態で index.html ファイルを ブラウザで開いて確認してみましょう index.html ファイルは 先程ダウンロードしてきた ファイルの中に含まれています こちらのファイルですね こちらをブラウザで開いてみましょう 今回のコースでこの index.html を ブラウザで確認する際には Chrome ブラウザといったー 最新版のブラウザを 利用するようにして下さい そしてこれがそのファイルを ブラウザで開いた状態です このようにスプラッシュスクリーンが 表示されていますね このように表示されていれば きちんとプログラムの実装が完了している といった形になります それではエディタに戻ります 以上でレッスンは終了です 今回はアプリ起動時に スプラッシュスクリーンを 表示させる方法について解説致しました 以降のレッスンでは スプラッシュスクリーンを表示後 スタート画面へ自動的に 遷移させる方法について 解説致しますので そちらもあわせてご覧下さい

JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

このコースでは、JavaScriptとPhoneGap Buildを使ってスマートフォン向けのもぐらたたきゲームのアプリを作成する方法について解説します。Phonegap BuildやjQueryについて紹介したのち、HTMLやCSSでのコーディングの方法、ゲーム内でのアニメーションの実装や条件分岐の方法などについて学んでいきます。

2時間27分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。