JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

「もぐら」表示処理を行う関数の作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「もぐら」の表示処理を行う為の、関数の作成方法について解説致します。
講師:
02:36

字幕

このレッスンでは モグラの表示処理を行なうための 関数の作成方法について解説していきます まずはダウンロードしてきたこちらの mogura_function という フォルダの中に入っている jsフォルダの中の この script.js ファイルを エディタで開いてください そしてそのファイルを開いた状態です このファイルを使って今回のレッスンの解説を 進めていきたいと思います それでは 早速レッスンを始めて行きましょう 今回 注目していただきたい部分は こちらのファイルの中のこの部分となります それでは 順番に見ていきます まず function と書いて その後に showMogura と書きます そして( ) { } そして この showMogura の 括弧の間の中に moguraId と書いておきます まずこちらの showMogura は ユーザー定義関数の名前ですね そして その後の括弧の中に 入っているのは引数となります 要するにこの showMogura という 関数を呼び出す際には この moguraId に該当する値を 引数として渡して 呼び出すことが できるようになる形としています このようにモグラの表示を 処理するための関数を作っておくことで 今回合計3体いるモグラの中で その表示処理を1つの関数を使って 実装していくことが可能になります 具体的にこの showMogura の 関数を呼び出す際には こちらの moguraId に該当する引数に その3体のうちのいずれかの モグラを指定してあげることで その3体のモグラそれぞれに対して この1つの関数で制御を行なっていきます 具体的にこの showMogura の 関数の中には いいモグラと悪いモグラの出し分けや 叩かれたときのモグラの表情の切り替え そして穴から飛び出してくるモグラの アニメーションや 穴に隠れていくモグラの アニメーションなどといった実装を この showMogura の関数の中に 記述していきます それらの具体的な実装方法に関しては 以降のレッスンで順次取り上げていきますので そちらも合わせて参考にしてください 以上でレッスンは終了です 今回はモグラの表示処理を行なうための 関数の作成方法について解説いたしました 以降のレッスンでは いいモグラ 悪いモグラの 2種類のモグラをランダムに表示させる前に まずは初期化をしておかしな挙動になるのを 防ぐ方法について解説していきますので そちらもあわせてご覧ください

JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

このコースでは、JavaScriptとPhoneGap Buildを使ってスマートフォン向けのもぐらたたきゲームのアプリを作成する方法について解説します。Phonegap BuildやjQueryについて紹介したのち、HTMLやCSSでのコーディングの方法、ゲーム内でのアニメーションの実装や条件分岐の方法などについて学んでいきます。

2時間27分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。