JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

ゲーム終了時の「もぐら」の表示動作停止処理

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ゲーム終了時に、「もぐら」の表示動作を停止する処理の方法について、解説致します。
講師:
02:45

字幕

このレッスンでは ゲーム終了時に もぐらの表示動作を停止する処理の 方法について解説いたします まずは ダウンロードしてきた stop_mogura_animation というー フォルダに中に入っている この js フォルダの中の script.js ファイルを エディタで開いてください そして これがファイルを開いた状態です このファイルを使って今回のレッスンの 解説を進めていきたいと思います それでは 早速レッスンを始めていきましょう まずは 前回のレッスンのおさらいです 前回のレッスンでは こちらの部分を実装してきました こちらの部分では それぞれの もぐらに対して setInterval を使って それぞれ別々のタイミングで繰り返し 穴から顔を出すといった処理を行ってきました 今回はこの3体のもぐら それぞれのこの動作を ゲーム終了時にストップさせる方法について 見ていきたいと思います そして 今回注目して頂きたい部分が こちらの部分になります それでは まずこちらの部分を 見ていきましょう こちらの部分では clearInterval と書いています そして ( ); としていて そして この clearInterval の括弧の中には moguraTimer1 と書いていますね この moguraTimer1 というのは こちらの部分で定義した変数となります この moguraTimer1 ですが こちらで定義した変数となります こちらの moguraTimer1 には 画面上の一番左端 要するに id mole1 がついたもぐらに対して setInterval を行った際に戻り値として 得られたタイマー ID が格納されています このタイマー ID をこちらの clearInterval の中に入れ込むことによって この idmole1 がついたもぐらに対しての setInterval の処理をストップさせる事ができます このようにすることで 繰り返し穴から頭を出してくる もぐらのアニメーションを ストップさせることができるわけですね そして 他の2体のもぐらに対しても 同様の処理を行います それがこちらの部分ですね このように moguraTimer2 moguraTimer3 をそれぞれ clearInterval にセットしています このようにすることで 全てのもぐらに対してのー アニメーションをゲーム終了時に ストップすることができるわけです 以上でレッスンは終了です 今回は ゲーム終了時にもぐらの 表示動作を停止する処理の方法について 解説いたしました 以降のレッスンからは このもぐらをクリックした際の 処理の実装の方法について 解説いたしますので そちらもあわせてご覧ください

JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

このコースでは、JavaScriptとPhoneGap Buildを使ってスマートフォン向けのもぐらたたきゲームのアプリを作成する方法について解説します。Phonegap BuildやjQueryについて紹介したのち、HTMLやCSSでのコーディングの方法、ゲーム内でのアニメーションの実装や条件分岐の方法などについて学んでいきます。

2時間27分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。