JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

「もぐら」の種類による条件分岐

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クリックされた「もぐら」が、”良いもぐら”か”悪いもぐら”のどちらの種類かによって、処理を分岐させる方法について解説致します。
講師:
02:34

字幕

このレッスンでは クリックされたもぐらが いいもぐらか悪いもぐらの どちらの種類かによって 処理を分岐させる方法について解説いたします まずはダウンロードしてきたこちらの good_or_badというフォルダの中に入っている こちらの js フォルダの script.js ファイルを エディタで開いてください そして これがそのファイルを開いた状態です このファイルを使って今回のレッスンの 解説を進めていきたいと思います それでは 早速レッスンを始めていきましょう まずは前回のレッスンのおさらいです 前回のレッスンではこちらの部分で クリックされたもぐらに設定されている クラス属性を取得して こちらの変数 type に代入しましたね 今回は この変数 type を使って いいもぐらか悪いもぐらかで 処理を分岐させていきたいと思います 今回 注目していただきたいのは こちらの部分となります それでは確認していきましょう まず 条件分岐を起こすために if 文を使っていますね ではまずこちらの部分から if type == 'goodMole'としていますね もしクリックしたもぐらが いいもぐらだったらという条件になります もし いいもぐらだったら こちらの波括弧の間の処理が実行されます そして その次こちらの部分ですね こちらの部分で elseif と書いて type ==' badMole' としています このように書くことで もしクリックしたもぐらが いいもぐらではなくて 悪いもぐらだった場合 こちらの波括弧の間の 処理が実行されるといった形になります このように if 文と変数 type を利用して 実際にいいもぐらなのか それとも悪いもぐらなのかを判別して 処理を分岐させていきます 以上でレッスンは終了です 今回はクリックされたもぐらが いいもぐらなのか 悪いもぐらなのか どちらの種類かによって 処理を分岐させる方法について 解説いたしました 以降のレッスンでは クリックされたもぐらが いいもぐらか 悪いもぐらかの どちらの種類に応じて 加点または減点画像を表示させる方法について 解説していきますので そちらも合わせてご覧ください

JavaScriptとPhoneGap Buildで作るスマートフォンゲームアプリ

このコースでは、JavaScriptとPhoneGap Buildを使ってスマートフォン向けのもぐらたたきゲームのアプリを作成する方法について解説します。Phonegap BuildやjQueryについて紹介したのち、HTMLやCSSでのコーディングの方法、ゲーム内でのアニメーションの実装や条件分岐の方法などについて学んでいきます。

2時間27分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。