はじめてのSwift

数字カウンタを作ってみよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
整数の変数を使って、ボタンが押されるたびに、ラベル上に表示した数字が0,1,2,...とカウントアップしていくアプリを作ります。
講師:
04:45

字幕

このレッスンでは カウントボタンが 押されるたびに 数字が1つずつカウントアップしていく 数字カウンタを作ってみたいと思います それでは まず現在の状態を確認して下さい 現在はアプリケーションが起動すると同時に 新しくラベルを1つ作成し その下にボタンを1つ作成して 画面に追加しています そしてこのボタンが押された時には buttonPressed という メソッドが呼ばれるようになっています それでは自分のプログラムを さらにここに追加していきましょう まずボタンが押された時に数字が 1,2,3 とカウントアップしていくためには それを保存しておくための 変数が必要になります そこで その変数をまず追加します この変数は この class ViewController というのが書かれている すぐ下に追加します すぐ下のところに var count = 0 と書いて ここで数字を保存しておきます このように この class ViewController というのが書いてあるすぐ下に 変数を作成すると この変数はアプリケーションが起動してから アプリケーションが終了するまで ずっと使うことができるようになります そして同じように このカウントがアップするたびに このラベルも その内容が 変更されていきますから このラベルも このカウント変数と 同じように 上のこの ViewController の 下のところに移動しておきます var label = UILabel という風に ここに書いて 下のこの viewDidLoad の中で 作っていた このラベルを作成するところは 削っておきます ということで これで var count というカウント変数と var label というラベル変数が アプリケーションの起動から終了まで ずっと変更できるようになりました では次にボタンが押された時に このカウント変数が変更されるように }プログラムを書いてみたいと思います ではこの buttonPressed の 中に今1行コードが書かれていますが この1行のコードを削除して buttonPressed の押された時の 内容を書いていきます まずカウント変数を ++ して 変更しておきます そしてこれでカウントが +1 されますので こうしてカウントが +1 されたら ラベルの中に そのカウントを 内容を反映させておきます そしてカウントは text = String(count) と書くことで テキストに変換して ラベルの上に 表示することができます では最後に このラベルを作った時に label.text というプロパティで Hello を表示していますので この Hello を 0 に変えておきましょう 以上で数字カウンタの実装が完了しました それではアプリケーションを 実行して動作を確認して下さい 実行ボタンを押します すると まず画面上には 0 が表示されています ではカウントボタンを押します カウントボタンを押すたびに このように 1,2,3 とカウントが どんどん上がっていることが確認できます なお ここでちょっとカウントをしている時に このラベルが 左の方に文字が寄っているのが ちょっと気になるかなと思いますので このラベルの位置を真ん中に寄せる 方法についても合わせて紹介しておきましょう では いったん Xcode に戻ります このラベルの色を設定するのと同じように label.textAlignment というを使うと 実は ラベルのテキストが 左寄せなのか 中央寄せなのか 右寄せなのか ということを設定することができます ここで NStextAlignment というものを使うことによって この textAlignment に Center を指定してあげると 数字が常に真ん中に表示されます ということを 指定することができます それでは もう一度 アプリケーションを実行して下さい アプリケーションを実行すると このように 数字が真ん中に表示されるようになりました これでカウントボタンを押した時に 数字がちょうど真ん中のきれいなところで カウントアップして表示されるように なったことが分かると思います このレッスンでは iPhone アプリとして 数字カウンタを作る方法を説明しました

はじめてのSwift

このコースではまだSwiftを学んだことがない方を対象に、Swiftのプログラミング知識を基礎から一歩一歩解説していきます。変数や数値計算、条件分岐や配列、乱数など基礎的な内容を学んだのち、XcodeでiPhone用のアプリを作成します。Swiftの特徴であるPlaygroundの使い方も説明します。

2時間08分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。