Muse基本講座

オブジェクトの選択

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Muse上でオブジェクトの選択を行う際、複数回のクリックにより選択されるレベルが変化する様子を解説します。
講師:
03:17

字幕

このレッスンでは オブジェクトの選択について解説します それでは 分かりやすいように 「マスター」のページで解説するので 「マスター」をダブルクリックして開きます そうしたら「選択ツール」を選ぶのですが 「選択ツール」は結構 使う機会が多いです 他のツールを使っていても 「選択ツール」が使いたいという場合が多いので そういう時にいちいち ここに来て切り替えなくても 実はキーボードの V アルファベットの V を押すと 一発で戻ります これは便利なので 是非とも覚えておいてください 「選択ツール」でクリックすると オブジェクトを選べるのですが 例えばこの部分を見てください これはメニューなんですが これがメニュー全体としての 1つの塊です そして ここの項目のボタンの枠 ここも一塊 さらに この文字自体 文字そのものも一塊です 実は3つの属性を持ったものによって 構成されています 例えばこの「 HOME 」という 文字の部分を選択したい時は この「 HOME 」を直にクリックすると どうなるかというと... こんな動作になります これ実は ここじゃなくて メニュー全体が選ばれています 1回 何もない部分をクリックすると 選択が外れます では この「 HOME 」の周りの 小さい枠を選びたい時 ここをクリックすると やはり全体が選ばれてしまいます この様に1回クリックすると 全体が選ばれてしまいます では これを直に 選択するにはどうしたら良いかというと こんな動作をします 「 HOME 」の文字の所を 1回クリックすると 全体ですね もう1回クリックすると この文字の周りの枠に来ました では もう1回クリックすると 文字だけになりました では こちらもやってみましょう この「 TEAM 」の所を 1回クリックすると 今度は全体から中に入っているので こちらの小さな枠から出ました では もう1回クリックすると こちらの文字自体 この様に複数回クリックすることで 選ぶことが出来るんです ですので 文字を直に選ぶには 1,2,3 クリックすると選べます その1つ大きい枠を選ぶ時には 1,2とクリックすると こちらが選べます この様な仕組みになっています 最初は直接クリックしても 全体の枠になってしまうので 戸惑ってしまいますが この様に複数回クリックすることで 中の方のものも選べるので 落ち着いて ちゃんと 1,2,3と 複数回クリックして 選択してください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。