Muse基本講座

個々のページのプロパティを調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ページごとのことなるレイアウトやメタデータ、及びページ名とファイル名の一致など、ページごとのローカルな項目の設定を行います。
講師:
02:33

字幕

このレッスンでは 「ページプロパティ」の 変更について解説します Muse の中では「サイトプロパティ」 サイト全体の設定に加えて 「ページプロパティ」 ページ毎に別々のプロパティを 設定することも出来ます 今 複数のページがある状態です ここで特定のページを右クリックします そして 「ページプロパティ」 これを実行します すると こんなウィンドウが出てきます まず 「レイアウト」の所を見てみましょう これはサイトプロパティと同じ値が 最初は入っています これを独自に変更することで ページ毎にレイアウトなど 見た目などを変えることが可能です 次に「メタデータ」のタブですが これは検索などの対策用に ページがどういう内容かという説明文や ページのキーワード 後はヘッダーの部分に入る html そういったものを 個別に設定することもできます そして「オプション」 例えばこの「ページ名」というのは Muse の中のページ名なんですけれど 「ページタイトル」 これは後で Web サイトになった時に 表示されるものです 基本的には同じになるのですが 例えば ページタイトルはすごく長くつけたい といったような場合 ページ名が長いと処理上面倒なのですが ページタイトルは長くしても大丈夫なので このチェックを外して 独自にページタイトルにして 名前を入力することができます そして 日本語を書いている上で 結構 大事なのですけれど 「ファイル名」です 「ページ名と同じ」というが 初期設定では入っているのですが それだと日本語のページ名にしていると 日本語で入ってしまいます Web サイトのファイル名は 基本的に日本語を 使わないようにするのが原則なので これを外しておいて これは個別に数字と アルファベットだけにしておきましょう あとは「サイトマップ」 サイト全体の構成を 示すデータに含めるかどうか または メニューに表示するかどうか そういったところを 細かく設定することができます これで「 OK 」をすれば 今設定したこのページは 他と全く違った項目を持っているという こういったバラエティに富んだ ページ構成もすることが可能です

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。