Muse基本講座

マスターページの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のページに共通する要素を一括して設定及び更新できる「マスターページ」の基本的な使い方について解説します。
講師:
03:23

字幕

このレッスンでは マスターページの設定について解説します Muse で この 「プラン」の画面を出すと 「マスター」というセクションがあります これが「マスターページ」というもので これを複数のページの基準となるデザイン として設定することができます この 今1個だけ出来ている「マスター」 これは「 A-Master 」という 名前になっていますけれど 他のページは全部 「 A-Master 」で同じになっています この「A-Master 」と 名前がついているものは全部 ここのデザインが反映されるという 仕組みになっています では この「マスター」を 1回ダブルクリックして開きます ちょっと試しに 「ツール」の中から 「長方形ツール」 これを選びます そして この辺で グイッとドラッグして 四角形を作ったら 「塗り」の部分に 赤でよいでしょう 赤を適用します これで 「マスターページ」の中に オブジェクトが置かれました では このマスターを閉じてみましょう そして「プラン」に戻ると はい ご覧のとおり 「A-Master 」のページに全部 反映されています そして 例えばまた こちらに戻って この内容の色を青にしたとしたら これだけで一括でサイト全体が直るので 例えば基本となる デザインやロゴであったり 基本となる部分のデザインというのは この「マスター」に適用しておくことで いちいち変更した時に 全部のページに手を入れなくても 一括で直るという 大変便利な仕様になっています そして 「マスターページ」は 1個だけではなくて 複数作ることができます では この「マスター」のアイコンに ポイントを当てて 「 + (プラス)」をクリックすると もう1個できます ではこれを「 B-Master 」としましょう これでもう1個できました では「 B-Master 」の方を開けて こちらにも違う形の四角を付けて 「塗り」を赤にしましょう そうすると「マスター」は 「A-Master 」と「B-Master 」ができました では こちらの従うページをどちらにするか 決め方なのですが 各ページを右クリックして 一番下に「マスター」というものがあります これを「 B-Mater 」にするだけです そうすると「 B-Master 」に設定したものは 「 B-Master 」に それぞれ対応する「マスター」に従った デザインとなります 「マスター」をちゃんと活用すれば 非常にサイト更新の手間が省けるので 是非とも これを覚えておいてください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。