Muse基本講座

ミューズ上で画像を変形させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Muse上で、ドラッグ操作、及び変形パネルなどを用いて、画像の大きさや角度、コーナーの半径などを設定する手順を解説します。
講師:
03:32

字幕

このレッスンでは Muse 上での画像の変形について解説します Muse 上に並んでいる画像です 例えばこれの大きさを変更したい時 むしろ 他のアプリケーションに 慣れている方ほど これを大きくしたい時 比率を壊さないようにしようという時に Shift キーを押しながらドラッグを やってしまうと思います ところが Muse 上では Shift キーを押しながらドラッグすると 縦:横 比が変わってしまいます では command もしくは Crtl Z を押して戻します Muse は 読み込んだ写真・画像に関しては 「縦:横 比を変えるのはレアケースだろう」 ということで 何もせずにドラッグすれば この様に比率が保たれます これはある程度ソフトに慣れている方ほど やってしまいがちな罠なので 是非とも気を付けましょう 1個大きさを変えてしまえば 他は位置を合わせながら 後は このガイドも活用しながら 大きさを簡単に揃えていくことができます 上が揃ったら 下もです この様に フリーハンドで揃えていくことができます グリッドガイドを作るのも 最小限で良いので 非常にレイアウト系のソフトとしては Web のソフトとしては画期的に楽ですし 全体的にもかなり やりやすいんじゃないかと思います この様に直すことができます この様に手動で直すことも出来るのですが また 別のやり方として 「ウィンドウ」のメニューの 「変形」を選ぶと ここに「変形」パネルが出てきます 見やすいように切り離してみましょう これで画像を選んでおくと 「変形」パネル上で操作が可能になります これで位置や幅の大きさも できるのですけど もう1個「回転角度」というのがあって これをクリックすると この様に 角度も変えることができます なかなか Web のレイアウトでは この「回転」という概念が 今まであまりなかったと思うので 非常に簡単にできるのは面白いです また こういった変形は 複数選択すると 一括で適用することも出来ます Shift キーを押しながら 画像をクリックしていくと いっぺんに選ぶことができます こういった位置の変更などの他に 「コーナーの半径」というのがあります これを使うと この辺をよく見ていただくと はい どうでしょう? 今 まとめてやっているので 全部の画像がいっぺんに行っていますが 角丸になっています この様に角丸の効果も 非常に簡単に作ることができます 従来であれば こういった角丸をするのに グラフィックソフトで加工して こういう画像にしていたことも 多かったのですが Muse 上では簡単に しかも一括して 行うことができます 大変便利なので 是非とも覚えておいてください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。