Muse基本講座

ツールヒントと代替テキストを追加する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像にポインタを重ねた時に表示される「ツールヒント」や、画像が表示できない場合に使われる「代替テキスト」の設定を解説します。
講師:
02:13

字幕

このレッスンでは画像に対して ツールヒントと代替テキストの追加を行います それでは Muse の上にある画像の 1枚を右クリックして 「画像プロパティを編集」を出してみましょう するとこの画像プロパティの中には 「ツールヒント」と「代替テキスト」 という項目があります では例えばツールヒントに 「ブルドッグ」と入れて 代替テキストに 名前まで入れた もう少し長い文章を入れてみるとします これで 「OK 」します この状態で「ブラウザでページをプレビュー」 これを実行してみましょう すると今のページがブラウザ上に出てきて さっきのブルドッグの画像に マウスポインタを当ててみます すると「ブルドッグ」と 表示されているのが分かるでしょうか 他のものは出ないですね 設定したこの画像にだけ出ています では Muse に戻ります この「ツールヒント」というのは さっきのように画像の上に ポインタを重ねたときに 表示されるテキストです 「代替テキスト」というのは 例えば何らかの理由で 画像が読み込まれなかったとき 画像がサーバー上から無くなっていたり 極端に通信速度が遅くて画像が落とせないとき または意図的に非表示になっているときなど 画像を表示できないときに 代わりに表示するテキスト それが代替テキストです これも必須とまでは行かないですが ツールヒントは重ねたときに 名前が出るのは分かりやすいですし もし画像が読み込まれなかったら 代替テキストがないと 只の画像が壊れたアイコンになってしまうので これを設定しておくに越したことはありません ぜひとも この部分を設定してみて下さい

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。