Muse基本講座

Webフォントの作業

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
MuseにWebフォントを追加したり、不要になったWebフォントを削除する手順を解説します。
講師:
02:48

字幕

このレッスンでは Web フォントの 追加と削除を解説します Muse で使える Web フォントは もっとたくさんの種類の中から 追加することもできます 早速やってみましょう 「ファイル」メニューから 「Web フォントの追加と削除」があるので これを実行します すると「Adobe Edge Web Fonts」という サービスで提供されているフォントの 一覧が出てきます かなりいっぱいありますね ひとつ Web フォントについてですが このトレーニングを収録している時点では まだ日本語のフォントは この中に入っていません この時点で使えるのは 今のところ 欧文のフォント 英語のフォントだけですので ご了承ください ここにズラリと出てくるのを この中から見た目で選ぶこともできますし 文字の形の傾向によって フィルタをかけることもできます また見出し向きか 本文向きか そんな風に分けることもできます では まず使いたいものを決めます では Aclonicaという これにしてみましょうか これをクリックします クリックすると この青いチェックが入るので これで OK すると 「1つのフォントファミリーが Web フォントメニューに追加されました」と 表示されます ここで見ると― 先ほどの Aclonica がありましたね 追加されれば このように適用することで デザインの中に使うことができます では やはりこれは使わない 外したいというとき ではこれを別のフォントにしてしまって 結局別のフォントになったので さっき追加した これは要らないというときは また「ファイル」メニューの 「Web フォントの追加と削除」を実行します そこで このボタンです 「選択したフォントを表示」 これをクリックすると いま登録されている 追加されたフォントのみが出てくるので これをクリックすると 消えます そして OK すると 「Web フォントメニューから 削除されました」ということで こちらも出てこなくなっています このように手軽な手順で 追加と削除が行えるので ぜひこの英文のところなどのデザインには Web フォントを使ってみてください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。