Muse基本講座

スペルをチェックする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
英単語のスペルを自動でチェックしてマークする「ダイナミックスペルチェック」と、単語の追加方法を解説します。
講師:
01:16

字幕

このレッスンでは スペルチェックの機能について解説します Muse には 英語のスペルチェック機能が入っています 実は今はもうオンになっていて 例えばここの「パッション」と 言いたかったのが違う単語になっていたり 「フォトグラフィック」も ちょっとスペルが変ですね こういう 間違いじゃないの という所が 赤い波線で表示されます これは「編集」メニューの「スペルチェック」 「ダイナミックスペルチェック」というのが オンになっていると この表示になります これをオフにすると消えますね 英語のページなどを作業するときに これが入っていると便利ですね ただ辞書に無い言葉 たとえば商品名など わざとスペルを変えていたり 日本人の名前とか そういうものに 赤線が出てしまうと邪魔だというときは そういう単語だけ この「ユーザー辞書」というところに 単語を入力しておくと その単語は間違いと認識されません こうして単語を加えることもできます 特に外国語のページを作るときは これを活用してみてください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。