Muse基本講座

カラースウォッチを作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成した色をまとめて保存しておける「スウォッチ」の基本的な使い方、色の登録方法を解説します。
講師:
02:27

字幕

このレッスンでは カラースウォッチの使い方を解説します Museで文字の色などを設定する場合 こちらで細かく色を設定することができます こうしてできた色を 例えば別のページの こちらの文字にも適用したいという場合は どうすれば良いかというと そんなとき便利なのがスウォッチです スウォッチはこちらのパレットから出せます 出ていない場合は「ウィンドウ」から 「スウォッチ」を選ぶと出てきます スウォッチというのは色のセットで パレットのようなものです ここにこの色が登録されていれば 他の所に行っても一発でここから 呼び出して使うことができます ではスウォッチに色を 登録しておく方法を解説します まず 例えばここの文字の色を取りたい時は ここを選んだ状態で こちらのパレットを開けます するとここにアルファベットと数字で 6桁のコードが出ています これはカラーコードというものです これをドラッグして選んで Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら Cを押してコピーします そしてスウォッチの方で このアイコン 「スウォッチを追加」をクリックします これをクリックすると 新しく色を作る画面になるので ここにさっきのコードをペーストすると Mac の方は command Windows の方は Ctrl を押しながら V ですね そうすると この色になります もう一度やってみると 例えば全然違う色になっていたとしても ここにコードをペーストすれば 一発で同じ色になりますね OKすると ここに加わりましたね そうしたら こちらの別の画面に行って テキストを選んでいる状態で ここでスウォッチをクリックすると このように色が適用されます こうして どんどん部分部分で 気に入った色を登録しておけば わざわざゼロから 合わせる必要もなくなります ぜひともこのテクニックを 覚えておいてください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。