Muse基本講座

グラデーションの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラデーションで塗りつぶす方法と、それを応用した演出方法などのテクニックを解説します。
講師:
04:00

字幕

このレッスンでは グラデーションの作り方を解説します それではこのページを開けてみると 余白がありますね この部分に長方形の描画で このように長方形を描いてみましょう 大きさはとりあえずこんなもので良いです そうしたら この塗りを設定するのですが ここから色を選ぶのではなくて この「塗り」のところをクリックします 「塗りの種類」には 「単色」と「グラデーション」とありますが グラデーションの方を選びます するとこんな感じに グラデーションが作成されます そしてこのカラーは 例えばこちら側をオレンジ そしてこちら側をもっと明るい黄色に してあげると こんな感じに こっちの色から こっちの色にグラデーションになります 「焦点」という所を動かすと 比率が変わります どの辺で色の境目になるかを 調整できます そしてこちらの「方向」を変えると 「垂直」と「水平」ですね こういうものも切り替えることができます ではここで少し応用して かっこいい効果を作ってみましょう では「 HOME 」に行きましょう すると HOME にはこんな 写真の背景が設定されています 全部見えるように ズームレベル75%にしておきましょう そうしたら これは下の方が暗くて 上の方の空が明るくなっていますが そしてまた雲のあるところが暗くなっています ここにさらにグラデーションを加えて かっこいい効果を作ってみましょう では まずここにシェイプを作りますが このときシェイプを作って ピタッと線に合わせても良いのですが ここの「変形」をクリックして この 100% 幅を入れると きちんと 100% になりますね こんな感じで作りましょう そうしたらここの「塗り」を グラデーションにします そして垂直方向にします そうしたら下は黒で良いですね 上ですが 実はカラーは何でもいいです カラーを設定する代わりに 不透明度を下げていくと どうでしょう だんだんと 上の方が透明になっていますね ついにはこのゴール地点が 何も無くなりました この不透明度を使うとこんなふうに 片方の色を透明にすることもできるので 例えばこれを もう少し上まで持っていくと このように霞がかったような 雰囲気にもできますし 例えば色を変えてあげると こんな感じに ちゃんと下地も見えているけれど こちらにも色が適用されているという そのような状態を作ることもできます さらに例えば こっちは白にしておいて こちらの元の色を変えると また雰囲気が全然違いますね こんなふうにすると 単にグラデーションを置くだけではなくて 下の写真の演出にも使えますね グラデーションは非常に幅広く使えるので ぜひとも使ってみてください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。