Muse基本講座

Photoshopでボタンを作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopで作成した画像をボタンをとして配置し、レイヤーごとの画像をステートとして使う手順を解説します。
講師:
03:12

字幕

このレッスンでは Photoshop を使った ボタンの作成について解説します では Photoshop に切り替えます Photoshop になりました このレッスンの素材の中に 3つの psd ファイルがあります Photoshop のファイルがあります Facebook ボタンと Tweet ボタン そして Google+ のボタンの3つです 3つとも実は レイヤーが2枚ずつあります この Facebook も青いのと レイヤーの上を見えなくすると この灰色のものです こちらの Twitter も同じく グレーと色 Google+ も赤とグレーです こういった素材が あらかじめ準備してあります これらを保存しておきます では Muse の方に Photoshop ボタンを読み込みます マスターページで 「ファイル」メニューから 「 Photoshop ボタンを配置」が あるので 実行します そうすると さっきのボタンたちの 画像を開けるので 例えば「 facebookbtn.psd 」を開くと こんなのが出てきます 「標準ステート」「ロールオーバーステート」 「マウスダウンステート」 「アクティブステート」の4種類あります これはメニュー内のどういった状態の時に どの画像を使うかというものです では 「標準」だけ「 over 」を使って あとは「 normal 」にしておきましょう そうするとボタンが置けるので どこかに配置します では この状態でプレビューしてみると マウスを重ねると色が変わるようになりました では 全く同じやり方で 「ファイル」の 「 Photoshop ボタンを配置」 今度は Google+ です また 「標準」だけ 赤くなるようにして 他はグレーにします では 近くに置いて 整列させておきましょう そうしたら また 「 Photoshop ボタンを配置」で 今度は Twitter です これも同じく「標準」には青いものです その他はグレーにしておきましょう これでできました そうしたら この状態で もうこちらのページには並んでいます これをプレビューしてみると それぞれがこの様に反応します この様に Photoshop ファイルと 連動で 簡単にボタンを作れるので 是非とも試してみてください

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。