Muse基本講座

Museでモバイル用サイトを作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマートフォン向けサイトを作る際に、画面の解像度をどれ位に設定すれば良いかなどの基準を解説します。
講師:
02:59

字幕

このレッスンでは Muse でモバイル用の サイトを作るときの設定について解説します では Muse で新規サイトを作成するとき パソコン向けではなくて スマートフォン向けなどの モバイル用を作りたいというときは 通常 初期状態ではこの 「初期レイアウト」というのが 「デスクトップ」となっています ここでいうデスクトップというのは パソコンの画面のことです パソコンのブラウザですね これを開けてみると「タブレット」と 「スマートフォン」というのがあります これをスマートフォンにしてみましょう そうするとスマートフォン用のサイトを 基本として作れるのですが ひとつ ここに入る数字が ページ幅 380 と入るのですが 現在の基準のスマートフォンにしては 幅が狭すぎるという感じもあります そこで参考ですが いま Illustrator に切り替えました Illustrator で「新規書類」ですね 参考に見ていただきたいのですが Illustrator のドキュメントのプリセットの中に 「デバイス」というのがあります そして「サイズ」の中に いろいろモバイルのデバイスの設定があります たとえば iPhone 5s は もう最新機種ではないですが どれぐらいの解像度があるのかというと 幅が 640 pixel 高さ 1136 pixel と なっています これが基本になっていますね このように今現在のスマートフォンの 解像度に合わせて作るなら これぐらいの設定が 良いのではないかと思います これをそのまま入れてみましょう 1136 x 640 ですね Muse の方で 640 の 「最小の高さ」はスマートフォン用のサイトだと 最初に全部とりあえず表示されるので 1134 ですね これで最低限のスマホの 1 画面の設定ができました 大事なのが解像度です これは HiDPI としておきましょう 今のスマートフォンは 非常に高精細な表示ができるので 2 倍の解像度相当の「 HiDPI を使用」と しておくと このようにスマートフォンに 適した設定ができてきます スマートフォン用のものを基本にしていても ページの追加などは全く同じ感覚で行えます デバイスの解像度というのは スマホの世代によって変わっていくので この先 現在のスマートフォン主流のものは どれぐらいの解像度があるのだろうと それを調べてから この初期の設定を作ると より適切なものを作ることができます

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。