Muse基本講座

タブレット用バージョンを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
iPadやAndroidなどのタブレットを使った閲覧に最適化されたページの作成とセッティングについて解説します。
講師:
03:55

字幕

このレッスンではパソコン向けのサイトに タブレット用の表示を追加する 手順を解説します それではこちらはパソコン用として 出来上がっているサイトがありますので ここにプラスしてタブレットを加えます そうするとコピー元というのが出てくるので これを「デスクトップ」としましょう この時「サイトプランをコピー」 「ページ属性をコピー」が入っていると このデスクトップでできている ページの構成が受け継がれて タブレット用の構成ができました ホームのところの背景が わかりやすく赤くなっていますが これは「なし」にしておきましょう まずデスクトップの方 このマスターのページの ヘッダーとフッターを移植したいと思います ヘッダーを丸々ドラッグして選んだら Mac の方は Command Windows の方は Ctrl を押しながら C を押してコピーします そしたらタブレットの方のマスターを開きます ちょっと表示を小さくしましょう そして Command もしくは Ctrl + V を押すと こんなような形でペーストされます それではまず一番上に合わせて 大きすぎるので小さくしなきゃいけないですが タブレットなので表示を多くしすぎないように 写真は削ってしまいましょう そしてこのロゴの表示をこっちに持ってきて メニューをこちらに持ってきて 背景を縮めて― こんな感じにちょっとコンパクトに まとめるといいですね そしたら次はフッターです フッターをまとめて ドラッグしてコピーします そしてこちらに移動してきて ペーストするとこのような感じになるので 下の方にドラッグして持っていきます 今度はテキストが中央になるように 持ってきます 今度はフッターの位置が大きすぎるので フッターを下げます これでヘッダーとフッターができましたね この状態でタブレットの表示を見ると 全ページに適用されました では他のページもコピーしてみましょう デスクトップのホームを開けます デスクトップのホームは このような写真とロゴとあと文章が あるのでまとめてドラッグして そしてコピーします そしたらタブレットの方に移動して ホームに移動して こちらも全体が見えるくらいにズームして では Command もしくは Ctrl+V で 貼り付けます これらの項目が貼り付けられたので まずはロゴの横幅が長すぎるので これを適度に縮めてあげましょう この辺に持って来て― この文章もまとめて選んだ上で 横に動かして来ると ここで中央になりましたね これでデスクトップ版のホームを タブレットに最適化した形に移植しました この要領で ほとんどコピー&ペーストで手軽に タブレット用の表示を作ることができます ぜひタブレット用に最適化すると よりサイトが見やすくなるので こうした作業も行って下さい

Muse基本講座

Adobe MuseはHTMLやCSSといった専門知識がなくても、IllustratorやInDesignを使うような感覚で手軽にWebサイトをデザインできるソフトです。このコースではMuseを使ってページに文章や写真をレイアウトするやり方やグラフィックの作成、モバイル機器に対応したサイトの作成方法などについて学習します。

3時間55分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。