ダスティン・フェレルのタイムラプス撮影

After Effectsでポストプロダクション

ほとんどの画像は情報を多く保つためにRAWファイルで撮影します。これによりHDRイメージを作り出すことができます。そしてアドビのCamera RAWでレンズプロファイル補正を行います。そしてAfter Effectsに持って行き色々な処理や編集作業をして、彼自身が納得の行く作品を制作していきます。