PHP入門

画面に文字を表示する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PHPは「ファンクション」を使ってスクリプトを記述していきます。ここでは、一番基本的な「print」ファンクションを使って画面に文字を表示するスクリプトを作り、PHPの基本を学習します。
講師:
13:02

字幕

ここでは画面に文字を表示するということで PHP を使って画面に文章などを表示するための手順を紹介していきます。PHP の一番基本的なスクリプトになりますので、これを通じてPHP を作る時の基本的な手順というのをご紹介していきたいと思います。まず PHP の学習を始める時にはMAMP を起動しておきます。「アプリケーション」フォルダーの中のMAMP フォルダーの中にあるこちらの MAMP を起動して「サーバを起動」ボタンをクリックします。そして、何か適当なエディターソフトを使っていきましょう。ここでは DreamWeaver を使っていきます。「ファイル」の新規作成でこの様な画面がでてきましたらこちらの PHP を選んでレイアウトはなしで結構です。ドキュメントタイプをHTML5 にして「作成」ボタンをクリックしましょう。特にこの手順は PHP を作るために必ず必要なわけではないのでどんなものでも基本的には構いません。そして DreamWeaver を使わない場合には通常のエディターソフトで編集して頂いても結構です。作成して、この様に HTML の基本タグを書いていきます。タイトルタグを、例えばここでは「画面に文字を表示する」といった形で入力していきましょう。 それでは、ここに PHP のプログラムを書いていくことになるんですけどまず PHP を書く時には、必ず<?php というこちらの記号と? というこちらの2つの記号を必ず書く必要があります。そして、ここには print と書きまして ( とします。そしてこの様に適当な文字を入力しました。これで PHP のプログラムが出来上がりましたのでこのファイルを MAMP の中に保存していきます。「ファイル」メニューから「別名で保存」としましてこちら、「アプリケーション」フォルダーの中の「MAMP」フォルダーの中の「htdocs」フォルダーの中にファイルを保存します。ここでは1つフォルダーを作りましてlesson05 とします。そして、この中に sample01. としましてここで1つ注意点です。拡張子を必ず .php という拡張子にする必要があります。通常、HTML ファイル等を作る時には.html ですとか.htm という拡張子を使いますがPHP の場合は必ずこの .php にする必要があるので気を付けましょう。これで、こちらの「保存」ボタンをクリックして頂きますとファイルが保存されます。では、この内容を確認していきます。 MAMP を利用している場合URL アドレスはhttp://localhost:8888/になります。そして、ここに作ったフォルダーですとかファイル名を指定していきます。ここでは lesson05/sample01.phpという拡張子でした。では、こちらで Enter キーを押しましょう。そうしますと、この様に「画面に文字を表示しています」というメッセージが表示されます。実際に書いたファイルというのはこの様に print というキーワードそれから、php といったような特殊な記号が書かれていましたが画面に表示されるのはこの print という中に書かれている日本語のメッセージだけになっています。これは、この MAMP というWeb サーバーソフトがPHP の命令を理解してその結果をここに表示しているのでこの僕らが書いたものが、そのまま表示されているわけではないということですね。では、このスクリプトを通じてPHP の基本的な部分を紹介していきます。まず、PHP を作る時には3点約束事があります。1つはファイルの拡張子を.php にするということ。そして、PHP のプログラムの前後にはこの様に <?php? という記号で囲んであげることそして3点目はプログラムの最後スクリプト文章の最後には; を打ち込んで、ここで文章が終わりですということを示す必要がある、という点です。 そして、その決まり文句などをぬかした状態ですとこれがプログラムの本体になります。この PHP では、まず print というのとその後のこういった「画面に文字を表示しています」というのが書かれています。ここで、このプログラムの内容というのを図に示しますとこの様な図になります。「print('画面に文字を表示しています')」と書かれていますがこのプログラムは2つのパーツから構成されています。まず print と書かれているのはファンクション、または関数と言います。日本の入門書ではよく関数などと書かれているんですけど本来の言葉はファンクションと言いまして日本語に訳すと機能とか、動きといったような意味があるものなのでもしかしたらファンクションのままの方が理解しやすいかもしれません。そのコンピューターに対してどのような動きをしてほしいのかという命令の本体を書きます。ここでは、print と書かれています。この print は画面に文字を表示して下さいというファンクションです。なので、コンピューターはこの print というのが書かれていると画面に何か文字を表示しようとします。しかし、print というだけでは一体どのような文字を表示したいのかどのような文章を表示したいのか、というのがコンピューターには理解できません。 そこで必要なのが、その後に続くパラメータ、または引数などと日本の入門書ではよく書かれていますがこの補足の情報が必要になってきます。パラメータというのはファンクションに対してこれこれこういうものです、ですとかこういう状態にして下さい、というような細かな指示を与えるためのものです。例えば、この print というファンクションにはパラメータとしてどういう文章を表示するのかというのを記述するために一個パラメータを指定することができます。パラメータの種類ですとか数というのはこのファンクションによってそれぞれ変わってきます。各ファンクションで、どのようなパラメータが必要なのかというのはPHP の辞書などをひくことでわかるので書店などに販売されているPHP の辞書などを参照にしたりインターネット上の PHP リファレンスマニュアルなどを参照すると、良いでしょう。ここでは、この print というファンクションのパラメータこの文章を変更してパラメータの役割をもう少し見ていきます。例えば、この文章の内容を「文章を変換します」ということで内容を変えてみます。そして、Web ブラウザーを改めて起動してページを表示しなおしてみましょう。 そうしますと、「文章を変更します」という風に表示されます。例えば、この中に1+2 等と書いた場合、どうなるでしょう。画面を再表示すると1+2 とそのまま表示されます。しかし、パラメータの中を少し変更してこの様に書くと今度はどうなるでしょう。再読み込みをしますと今度は数字の3と表示されました。先程のパラメータと違う場所というのはこの両端のこちら ? 記号があるかないかです。? 記号がある場合その中に書かれた文字というのは基本的にそのまま表示されます。1+2 と書いた場合でもそれは 1+2 と、そのまま表示されます。しかし、? 記号がない場合それはコンピューターに対してこの中の文章や数列は計算してその結果を表示して下さいという意味に変わります。なので 1+2 と書くことで、それは1に2を加えて、その結果を表示して下さいという意味になるのでここではこの様に3に内容が変わるということです。この ? 記号があるかないかで動きが変わってきますので、気を付けて下さい。もし、コンピューターが計算などをしようがないもの例えばここでは「あいうえお」という風に ? 記号なしで入れてみます。そうすると、そのまま表示されるんですけどこれ、プログラムとしてはあまり好ましくはありません。 何故ならコンピューターはこれを計算しようがありませんので基本的には、この様なプログラムを作る場合には両端に ' を付けるようにしてあげると良いでしょう。そして、この ? 記号というのは今 ' を使っていますが2つ使う " でも結構です。その場合、両方にこの " 記号を付けてあげて下さい。一方が " で、もう一方が ' という様なのは残念ながら、うまく動きませんので気をつけて下さい。" と ' どちらを使うかというのはそのプログラムの内容によって異なります。基本的な動きはどちらも同じなのでいつもはどちらか好みの方を使うだけで結構です。例えばHTML のタグをこの中に書こうという場合img、src 例えばですけどimage1.jpeg というようなHTML のタグを出力したいとします。しかし、この場合この PHP のプログラムはうまく動作しません。画面が真っ白になってしまいます。何故かと言いますと、これはここで始まっている " 記号がここで終わっているんですけどコンピューターにとってはここの属性の中HTML の属性にある " とPHP の文字列こちらのパラメータが始まる " の違いがわかりません。 そのため " の数が多すぎますよということで正常に動かなくなっているわけです。ここの DreamWeaver の場合PHP の文法チェックという機能がありますので今行番号 10 が赤くなっています。これは PHP に間違いがあるということを示しているわけですね。この様に HTML の属性などとして" を使いたい場合はその両端は ' に変えてあげた方がいいでしょう。そうしますと、こちらも正しく動作します。今ちょっと画像がないので?になってしまいましたけどHTML のタグとしては正常に動作しています。この print というファンクションですけどこれを使うと画面上に様々なものを表示することができるようになります。今、この print というファンクションを単体で使おうとするとあまり意味のあるスクリプトは作れないですけど今後、様々な学習を進めていくにあたって必ずこの print というファンクションは出てきますので、是非今の内に使い方をマスターしておくと良いでしょう。

PHP入門

このコースでは動きのあるWebサイトでショッピング、友人との写真を共有、キーワードによる情報検索など便利な仕組みを作るための技術であるPHPについて解説します。これまでプログラミングに触れたことがない方でも、ちょっとしたプログラムを自分で作ることができるようになります。

4時間56分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年01月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。