PHP入門

電子メールを送信する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PHPから電子メールを送信することができると、お問い合わせフォームの確認メールを送信したり、さまざまなアラートメールを送信したりなど、可能性が広がります。ただし、電子メールを送信するにはいくつか約束事などがあるので、ここではそれを紹介しましょう。
講師:
06:42

字幕

ここでは電子メールを送信するとしてPHP から電子メールを送信するという方法をご紹介します。電子メールを送信できるようになると例えばお問い合わせフォームなどで管理者に向けてそのお問い合わせメールを送信したりもしくはお問い合わせした人に対して自動返信メールを送ったりなど様々なところで活用できるようになりますので是非覚えておきたいテクニックです。ただ、この電子メールを送信するについてはWindows の環境や Mac の一部の環境で正常に送信できない場合があります。その為、MAMP や XAMPP で操作確認ができないことがありますのでレンタルサーバーなどにファイルをアップロードしてからその動きを確認すると良いでしょう。ここではそのスクリプトの書き方をご紹介し動くという前提で MAMP で動作確認をしてみます。それではファイルを1つ作っていきましょう。ここでは MAMP のアップロード先フォルダ、 MAMP フォルダのhtdocs に新しいフォルダとしてlesson04-07 というフォルダを作成します。そして Dreamweaver の方から新しいファイルを1つ作りましょう。ページタイプを PHP としてレイアウトは「なし」とします。 ドキュメントタイプは何でも結構ですがここでは HTML 5 を選びましょう。それでは作成ボタンをクリックして新しいファイルを作っていきます。ファイルの先頭にスクリプトを記述していきます。まず電子メールを送信するというファンクションはmb_send_mail というファンクションです。ここにパラメータを指定することで電子メールを送信することができるんですがまず先に日本語のメールを送るときには幾つか準備の作業が必要になります。ここでは mb_languageここに ja というパラメータを指定します。これは Japan の略称の ja でここでは電子メールを送信する環境を日本語の環境に設定します。続いて mb_internal_encodingというファンクションを使ってutf-8 と記述します。これはこのファイルが utf-8 の文字コードで作られているということを宣言するファンクションでこれも電子メールを送信する時には必ず必要な宣言になります。もしこのファイルが Shift-JIS などで作られている場合は x-sjis と記述しEUC の場合は euc-jp などと記述します。どの文字コードでファイルを作っているかを確認して適切なものを記述するようにして下さい。 ここまで準備ができるといよいよ mb_send_mail というファンクションを使えるようになります。ここではその電子メールのサブジェクトとそれから本文を記述するわけなんですが少しパラメータに直接指定するには長くなってしまうので変数を1つ作りたいと思います。まず subject という変数に対して「電子メールのサンプルです」ということでタイトルを記述しました。そして同じく body ということでここには「本文の内容です」といった形で記述します。それではいよいよ mb_send_mailファンクションにそれぞれパラメータを指定していきましょう。まず最初のパラメータは送信先の電子メールです。ここに例えば abc@xyz.com というように指定すればこの電子メールに対してメールを送ることができます。ここでは皆さんが自分で受信できるメールアドレスを指定していただければと思いますがここでは abc@example.com というメールアドレスにしておきたいと思います。続いて subject を指定します。今作った subject という変数にこの内容が記憶されていますのでそれをそのまま記述しました。 そして次に body の内容本文の内容を記述します。必須のパラメータとしてはこの3つになります。他にもいくつかパラメータがあるんですけど他のパラメータは、もし必要であればドキュメントなどを読みながら実際に指定してみてください。それではこの3つのパラメータを指定してmb_send_mail ということで電子メールを送信します。ここでは「電子メールを送信しました」というメッセージを簡単に表示して実際に送れたことを表示しましょう。それではこのファイルをlesson04-07 に対してindex.php というファイル名で保存しこちら MAMP が起動しているかどうかApache が起動しているかどうかを確認して Safari からlocalhost:8888/lesson04-07/index.php にアクセスします。すると「電子メールを送信しました」と表示されまして今指定したこの電子メールアドレスに対して暫くするとメールが送信されてくる筈です。もしメールが送信されてこない場合でもこのファイルをレンタルサーバーなどにアップロードして確認すれば送信されている可能性も高くなりますので一度確認してみてください。 電子メールを送る時にはこのように mb_send_mail というファンクションを使えば簡単に送信できるんですが幾つかその前に約束事があるということが注意点です。これらを守って送信しないといわゆる文字化けメールと言われる日本語として読めない文字のメールが送られてしまうことがありますので気をつけて利用するようにしてください。あとはフォームなどと組み合わせて利用すればかなり実用的なスクリプトも作れますので是非様々なスクリプトを試してみてください。

PHP入門

このコースでは動きのあるWebサイトでショッピング、友人との写真を共有、キーワードによる情報検索など便利な仕組みを作るための技術であるPHPについて解説します。これまでプログラミングに触れたことがない方でも、ちょっとしたプログラムを自分で作ることができるようになります。

4時間56分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年01月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。