Objective-C入門

整数を文字列に変換する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ラベル上にテキストを表示するためには、あらゆるデータを文字列として表さなければいけません。整数で表されるデータがある時に、そのデータを文字列に変換する方法について解説します。
講師:
04:29

字幕

このレッスンでは 整数の値を文字列に変換する 方法について 説明します こちらのサンプルコードをご覧ください このサンプルコードには 「value=123」という 整数型の値と ラベルを作成して 画面に表示する コードが 追加されています ここでこの 「123」という 値になっているこの「value」を ラベルの上に表示したい時に どうすればいいでしょうか この「value」を基に 文字列を作り出す 一番簡単な方法は 「@( )」の 中に 「value」を入れてやり その後ろに 「.stringValue」と 書いてやるのが 一番簡単な方法です こうすることにより 「123」 という値が 文字列に変換されます また より細かい変換をする方法として 「@( )」を用いるのではなく 「NSString」 「stringWithFormat」 という書き方を 用いる方法もあります この「stringWithFormat」 と書かれた中には 「%d」 と書きます そしてこの「%d」と書いた直後に コンマ「,」で 区切って 「value」 という変数を書いてやります こうすることにより 先ほどと同様に 「123」という値を 文字列に変換して ラベルにセットすることが できるようになります この「stringWithFormat」 というのを使った方法は 例えば 「value=%d」 というように 文字列を変更することにより 「value=%d」のこの 「%d」 と書かれた部分にだけ 「value」を埋め込むことにより ラベルの中に このように思い通りの形で 数字を埋め込むことが できるようになります さらにここで 「%d」 と書くだけではなく ここに 「%04d」 と書くことにより 4桁の0を埋めた状態で 数字を入力することも できるようになります 「%04d」 と書いた時には このように 4桁の「0」から始まる数字として 「0123」と 表示することが確認できます 例えば「1234」 というふうに 4桁の数字が この 「%04d」に対して 埋め込まれる時には すでに 4桁の数字になっていますから 左端に「0」が埋められることはありません それに対し 「12」 といったように 少し桁数の低い数字に対しては このように 「0012」というように 「0」が左の方につめられることがわかります このレッスンでは 整数を 文字列に変換する方法について 3つの方法を学びました 1つは 「@( )」 でくくり 「stringValue」を使う方法 もう1つは 「stringWithFormat」を使い 「%d」 を使う方法 そしてより小さな値に対して 「0」を左側に埋める 「%04d」 ここはもちろん 「%05d」であるとか 「%03d」であるかと といったように 自由に数字を 変更することができますが このようにして 書式付きで 値を文字列に変換する方法を 勉強しました

Objective-C入門

このコースでは初心者の方を対象に、Objective-Cのプログラミングのための知識を基礎からひとつずつ解説していきます。具体的にはXcodeを使ってiPhone用のアプリを作成しながら、オブジェクトの作り方や数値計算の基礎、メソッドやインスタンス変数、条件分岐や剰余計算などについて幅広く学んでいきます。

2時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Objective-C Objective-C 2.0
価格: 2,990
発売日:2015年05月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。