Objective-C入門

剰余計算(その1):割った余りを計算して、交互に色が変わるラベルを作ってみよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
if文の条件に、余りを求める剰余という計算を使って、色が交互に変わるラベルの作り方を学びましょう。
講師:
05:12

字幕

このレッスンでは 整数を割った余りを計算する 「剰余計算」という計算を紹介しましょう 「剰余計算」は 割った余りを計算するだけですから とても簡単な計算です 使い方は 簡単です このように 「123」という数字で 初期化された「value」という変数に対して 割った余りを求めるためには この「%」という記号を使います 変数「value」に対して 「%10」と書くことにより 「10」で割った余りを求めることができます そのため この「x」という変数に対しては 「123」を 「10」で割った余り すなわち 「3」が代入されます このように 割った余りを求める 「剰余計算」は とても簡単な計算です しかし プログラミングにおいてはこの 「剰余計算」がとても強力な武器になります こちらの プログラムをご覧ください 現在このプログラムでは 10回繰り返し行う「for」文を使い ラベルを作成して 「Hello」というテキストと 背景色 赤い背景色ですね それから 白いテキストカラーを設定して このラベルを画面に追加する という作業を10回繰り返し 行うようになっています 一度このプログラムを実行してみましょう このように現在は 赤いラベルが 10個 表示されるようになっています それでは次に この赤いラベルだけではなく 2色のラベルを使い 「赤」 「茶色」 「赤」 「茶色」 「赤」 「茶色」と ラベルの色を交互に変えていくように プログラムしてみたいと思います それではプログラムに戻りましょう この背景の色を交互に変えるためには この 「i」という変数を使います 現在 この変数「i」は 「0 1 2 3」と 順番に 足されていくようになっていますが これに対して「2」で割った余りを求める 「%2」という計算を行うことで このような計算が 行われます まず 「i」が「0」の時に対して それを「2」で割った時の余りは「0」 そして「1」に対して「2」で割った余りは「1」 そして「2」に対して「2」で割った余りは「0」 そして「3」に対して「2」で割った余りは「1」 というように 「i」を「2」で割った余りを計算していくと この 「0 1 0 1」 「0 1」 という繰り返しが発生します この「0101」という繰り返しを 利用することにより 色を交互に変更する という事が 実現できます それではこの 「%2」の計算を使って 色を交互に変更する プログラムを実現してみましょう 今回変更したいのは 背景色ですので この「setBackgroundColor」 を使っている前のところに 「if」文を 書きます そして「if」文の後ろに 条件を書いてやりますが 条件に使用するのは 「i%2」という 「i」を「2」で割った数字です こうすることにより先ほど 「0101」が交互に出てくることを 確認しましたので 「i % 2 == 0」 と条件を書くことにより 「0」と「1」が繰り返される 状態のうち 「0」が出てきたときの 条件を書くことができます そこで この 「i % 2 == 0」の中に 「赤」の色を 設定する場合を含めます そしてその後ろに「else」文を つなげて書いてやり この中に 「setBackgroundColor」 「redColor」のこのコードを コピー&ペーストで ペーストします そして 赤い色をセットするのではなく ブラウン の色をセットする と 書くことにより 「i % 2」が0ではない場合 すなわち 「2」で割った余りが「1」になる場合に 茶色の色にセットする というコードを挿入します こうすることにより 「for」文の繰り返しの中で 交互に色を変更していくことができます それではこのコードを実行してみましょう 実行するとこのように 「赤」と「茶色」が交互に出てくるラベルが 作成できたことがわかります このレッスンでは 割った余りを計算する「剰余計算」を使い ラベルの色を交互に変える 方法について 説明しました 今回作成したプログラムは ダウンロードして頂いた サンプル プロジェクトのフォルダの中にあります

Objective-C入門

このコースでは初心者の方を対象に、Objective-Cのプログラミングのための知識を基礎からひとつずつ解説していきます。具体的にはXcodeを使ってiPhone用のアプリを作成しながら、オブジェクトの作り方や数値計算の基礎、メソッドやインスタンス変数、条件分岐や剰余計算などについて幅広く学んでいきます。

2時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Objective-C Objective-C 2.0
価格: 2,990
発売日:2015年05月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。