Objective-C入門

オブジェクトの作り方のまとめ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オブジェクトを作るためにObjective-Cに用意されているいろいろな方法について、それぞれの違いと共通点について解説します。
講師:
03:51

字幕

このレッスンでは  Objective-Cで オブジェクトを作る為の方法について まとめておきたいと思います まず オブジェクトを作成するための 最も基本的な方法は ここで「label」を作成しているように この「label」の為の変数を用意し そして「Label」のクラス 「UILabel」に対して 「alloc」を呼び出し 「init」を呼び出して 初期化する この3つの組み合わせで オブジェクトを作成するのが 最も基本的な方法です。 これに対して 下のほうで「UIColor」 色を作成しているところをみると このように「UIColor」に対して 「red color」 というメソッドを呼び出して 少し短くなっているのがわかります このように「aloc」を呼び出して 「init」を呼び出す以外にも 簡単にオブジェクトを作成する方法を 用意されているクラスもあります 「UIColor」は また 赤 緑 青 の 光の三原色をセットする事で オリジナルの色を 作成する事もできました 「UIColor * color = UIColor color with red green blue alpha」 このメソッドを使って それぞれ 赤と緑とブルーに 0.0 から 1.0 までの値を 指定する事によって 好きな色を作成することができます この赤 緑 青そして「alpha」という この4つの色数を持った 「UIColor」の作成方法は 「aloc」を使ったバージョンもあります 「aloc」のバージョンを使った方は 上で見たように「init」を使い 「init with red green blue alpha」 という呼び出しで 4つの色数を呼び出します。 ここ 上の「Color with Red」を使った色の作成と 下の「aloc」プラス「init」を使った 色の作成は 両方とも同じことをやっています まったく同じ色が作成されます このように「aloc」と「init」を組み合わせるのが 一般的なオブジェクトの作成方法ですが 「UIColor」のように 非常に頻繁に使われるクラスに対しては この簡略化して使う事のできるバージョンが 用意されています なお「aloc」と「init」を組み合わせて オブジェクトを作成する前には このように「aloc」を呼び出した後 何も指定せずに init を呼び出す方法もあります 通常 色に対しては このように 引数の無い初期化を行う事はまずありませんが いくつかのクラスに対しては この引数の無い初期化を行うことがあります なお このように「aloc」と引数の無い「init」 だけを使うときには これを更に簡略化して 「UICoroler」に対して 「new」を呼び出す これだけで 同じことを表すことができます 「UICoroler」に対して 「new」を呼び出す これだけで 同じことを表すことができます 上で書いているように 「UIColor alloc init」 の二段階の呼び出しと 「UIColor new」と書いた呼び出しは 全く同じことが行われます このレッスンでは Objective-Cで オブジェクトを作るための いくつかの方法について紹介しました。

Objective-C入門

このコースでは初心者の方を対象に、Objective-Cのプログラミングのための知識を基礎からひとつずつ解説していきます。具体的にはXcodeを使ってiPhone用のアプリを作成しながら、オブジェクトの作り方や数値計算の基礎、メソッドやインスタンス変数、条件分岐や剰余計算などについて幅広く学んでいきます。

2時間34分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Objective-C Objective-C 2.0
価格: 2,990
発売日:2015年05月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。