はじめてのPhotoshop CC

さまざまなカラーモードを理解する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopにはいくつかの異なるカラーモードがあります。印刷に使うためのCMYKやモニタで表示するためのRGBなどです。
講師:
04:18

字幕

Photoshopは、いくつかの 異なるカラーモードがあります。 印刷に使うためのCMYK、 そしてモニタで表示するためのRGB、 あとは他のいくつかです。 それらについて簡単に見ていきましょう。 まずRGBとCMYK、 この違いですね。 RGBは光の三原色、 レッド、グリーン、ブルー、 この三つを掛け合わせると、 それぞれの色ができ、 三つが掛け合わせたところは、白になる、 こういった原色で使われているものです。 それに比べてCMYKの方は、 シアン、マゼンダ、イエロー、 そしてCMYKのKはブラックのKですね。 これらを使ってインクで表現するものです。 RGBのほうが色の表現数が多いですが、 印刷の場合は、モニタではなく、 紙にインクでのせていくので、 このかたちになります。 注意したいのは、CMYKに変えると、 RGBで作っていた 鮮やかな空の色などが少し くすんで見えてしまうことですね。 なのであらかじめCMYK、 紙で印刷する場合は、 CMYKを見越したうえで、 最終的にCMYKに統合した時などに、 改めてもう一度色を調整しなおす、 補正しなおすという作業が必要になります。 さらに色数が多いということも加えて、 扱いやすいせいか、 PhotoshopではRGBのカラーモードでないと 使えないフィルターなどもいくつかあります。 なので基本的にはRGBで作業をしておき、 印刷に出す直前に、 CMYKにしてから色を調整する、 というフローのが良いのではないでしょうか。 ちなみに、このメニューの表示から、 色の構成を行うと、 RGBの書式でも、CMYKを このように シミュレーションすることができます。 ファイル自体はRGBなのに、表示の 色の構成を使うとこのように、 CMYKであった時の色、というのを シミュレーションしてくれます。 こちらを使うことで、意識しながら、 データはRGBなんだけれども、 CMYKを意識しながら 作ることができます。 またカラーモード、こちらのカラーモードを 実際に変更するときですが、 メニューのイメージから、モード、 ここで色を選んでいきます。 RGBが今なっていますので、 CMYKにすると、このように、 「モードを変更すると、レイヤーの 外観に影響する場合があります。 モードを変更する前に 画像を統合しますか?」とあります。 統合をするとこのように、 またダイアログが出てきて、 これをOKボタンを押すと、 こんなかたちになります。 戻ります。 統合しない場合も見てみましょう。 CNYKにして、統合しない。 すこし外観が違いましたね。 このように変わることがあるので、 なるべくCMYKで使う場合は、 色の構成を見ながらやっていきましょう。 またその他のモードについて 解説していきます。 グレースケール、こちらは 白黒にするものです。 このようにカラー情報を破棄し、 白と黒のみで表現されます。 モノクロの写真なんかを使う時にも よく使われますね。 またインデックスカラーなどは、 こちらGIFやPNGなどで、 色数が決まっている時に 使われるものです。 主に使うのはこのRGB、CMYK、 そしてグレースケールですので、 この三つだけ覚えておけば 大丈夫です。 イメージのモードからですね。 これをしっかり覚えておきましょう。 このレッスンでは、カラーモード、 RGBとCMYK、 そしてCMYKで作業するときに、 少し注意しておきたいこと、 などを学習しました。

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。