はじめてのPhotoshop CC

Camera Rawの基本的な使い方

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CameraRawではデジタルカメラで撮影したRAWファイルの現像が可能です。PhotoshopとBridgeのどちらからでも開くことができます。その使い方を見ていきましょう。
講師:
06:12

字幕

この様なデジタルカメラで撮影したローデータ こちら Photoshop や Bridge どちらでも開く事が出来ます 今回は Photoshop に焦点を合わせて その開き方等を見ていきましょう この様にデジタルカメラで 撮影したローファイル 様々な物があります この様にデジタルカメラで 撮影したローファイル 様々な物があります このままダブルクリックすると Photoshop の方でこの様に "Camera Raw 8.7" などとして "Camera Raw" のウィンドウが立ち上がります 基本的な使い方ですが 左側にこの様に様々なメニューがあります 写真の現像を行うツールの様に 扱う事ができそのツールは Photoshop と共通して 使う事が出来ます "ズーム" ツール こちらでもサイズを変更する事が出来ます そして "手のひら" ツールですね 画像のサイズを大きくした時に使う この "手のひらツール" です 又こちらのスポイトは "ホワイトバランスツール" と言って クリックしてこの画面上で 白にしたい所を選んでクリックすると ここを基点の白とし他の色を調整してくれます 後はこれ "カラーサンプラーツール" ですね この様にクリックすると その部分のサンプリングをしてくれます 個人的にお勧めしたいのがこちらですね "ターゲット調整ツール" こちら初期は "パラメトリックカーブ" となっていて この様にトーンカーブを 画面のドラッグに合わせて カーブを自動的に作ってくれます 濃くしたい所や薄くしたい所をクリックして 下に行くと濃くして カーブが下の方に行きます 上の方に持って行くと カーブがこの様に上になります トーンカーブがどの様な物か解らなくても 直感的に操作が出来るので 非常にお勧めしているツールです 更にトーンカーブ以外にも "色相" や "彩度" "輝度" "グレースケールミックス" でも使う事が出来ます 簡単に鮮やかにしたい場合 その画面の所に持って行って 上にしていけば鮮やかな緑になりますし 逆にこの様に緑だけをグレーに 持っていくことも出来ます 次にこちらは "切り抜きツール" ですね これはPhotoshop と同じですが 様々なこの様な比率があります "9 対 16" や "3 対 4" 等 デジタルカメラでも使うので 使い易いですね 後は "ものさしツール" 角度補正ツールですね これは斜めになっている所 この枝をまっすぐにして 画面サイズを合わせたい場合等に ドラッグするとこの様な バウンィングボックスが出てきます そうするとこの様に角度を この枝が垂直になる様に調整して トリミングしてくれます 画像を開いてみましょう この様にまっすぐになっていますね 非常に便利です では閉じて又 "Camera Raw" フィルターに戻ります そして次は "スポット修正ツール" こちらはPhotoshop の スタンプツールに非常によく似た機能です 例えばこの様な節目を潰したいと なじませたいという時に クリックをしサイズを調整します 大きくそして 失礼しました サイズは最初に大きくしておくべきでしたね この様に節目を全部囲う様にしてクリックし サンプリング元を緑の円で選ぶと この様に節目を消す事が出来ます 写真に残ってしまった ゴミやノイズを削除するのに良いでしょう 複数のポイントがあったとしても この様にピン毎に追加したり削除したりが 自由に出来ますので非常に便利です 次はこちら "赤目修正" こちらボタンを押すだけで フラッシュをたいた時に人物の目が 赤くなってしまっているのを 直す事が出来ますし 右側にある様に "瞳の大きさ" や "暗くする量" なども選ぶ事が出来ます 後はこちらの "補正ブラシ" この "補正ブラシ" はこの様に ピンを立てた周辺のみの色を 変化する事が出来ます 部分だけ色を調整したい場合などに便利ですね こちらもこちらの "スポット修正ツール" と同様に ピンを立てた所を複数立てる事も出来ますし それらを消す事も出来ます こんな感じですね 更に "段階フィルター" このフィルターはこの様に補正した内容を どこまで適用するかというのを変更出来ます これは垂直方向へのフィルターですし 隣のこちら "円形フィルター" は円で範囲を指定する事が出来ます 後はそうですね画像の回転と "環境設定のダイアログ" ですね こちらこの様になっています 保存先 どの様にするか 後はシャープの適用をどこに "すべての画像" "プレビューのみ" にするのか等 様々な設定がありますので こちら自分の使い易い様に 設定しておきましょう このレッスンでは "Camera Raw" の開き方 現像ファイルの現像の仕方ですね と左側のツールに関して説明をしました

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。