はじめてのPhotoshop CC

Camera Rawで行ういろいろな補正(1)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CameraRawで行えるトーンカーブやディテール、HSL/グレースケールなどその他の補正方法を見ていきましょう。
講師:
07:22

字幕

このレッスンでは "Camera Raw" ダイアログの "トーンカーブ" "ディテール" "HSL / グレースケール" この3つについて解説をしていきます まず"トーンカーブ" こちらは Photoshop で 慣れている方もいるかも知れないですね この "ポイント" というのを設定すると いつもの "トーンカーブ" の 使い方と 同じになります クリックをしてカーブを作る クリックをしてカーブを作る この様にカーブを下に持って行くと この様に濃くなって行きますし 上に持って行くと明るくなって行きます この "ヒストグラム" 左側が黒 右側が白 そしてこの写真自体の 白から黒レベルの分布を表しているんですね 左側 ちょっと暗めのこういった所の 色合いに関して色を濃くするのか 明るくするのかという調整を行っています 右側に行けばもっと白くて 明るい色の方の設定を変える事が出来ます こんな風に暗くしたり明るくしたりですね こちらは Photoshop と同様に それぞれの色で行う事が出来ます 又 "パラメトリック" カーブはこちらで 先程の様にカーブを 簡単に調整する事が出来るツールです 便利ですねこのターゲット調整ツール "ディテール" を見ていきましょう "ディテール" はその画像の シャープさを設定出来ます 見やすい様に拡大をして 100% 表示にしましょうね 例えばこちらの部分 "シャープ" の適用を強めると この様にノイズまでしっかり見える 逆に "適用量" を少なくすると 滑らかというかちょっとぼけた感じに 輪郭もしゃっきりしなくなりましたね ここら辺を調整する事が出来ます これも Photoshop と一緒ですね "半径" に関してはその "シャープ" の "適用量" 1 ピクセル当りの 周囲までも含めて "シャープ" を適用していくのかどうか というところを選択出来ますし この "ディテール" に関しては 設定を低くするとエッジがより シャープになっていきます そしてこちら設定値を右に持って行くと 画像のテクスチャ この表面の質感等がより鮮明になります そして "マスク" こちらは 0 にするとこの様に 画像の全てに適用した "シャープ" が 同じくらい範囲が設定されますが 100 にするとこの輪郭 左右の色が違う所を 特に強く "シャープ" をかけて 他の所は滑らかなままに してくれるという機能です 又 "ノイズの軽減" こちらも この様に目立ってしまった粒子 もうちょっと大きくしましょうか こういう所ですね 軽減するのに 非常に役に立ちます "輝度" でこの様に増やしていくと 明るさはそのままですが 粒子が少しずつ目立たなくなってきましたね この "輝度のディテール" を 変更していきます まずこちら 0 の時の場合は かなりノイズが軽減されましたが ちょっとぼやけた印象です 逆に高めるとノイズもちょっと 出てきてしまいますが 輪郭がより分かりやすくなりますね "コントラスト" こちらは値を下げていくとスムーズに このテクスチャの所の斑点などが 自然にスムーズに見える様になっていきますが この様に高めていくと ちょっと斑が目立つ様になっていきます この辺を細かく調整して 丁度いい値を探していきましょう 同様に "カラー" に関しても こんな感じです "カラー" を 0 にすると スムージングが効かなくなるので 色んな色が出てきてますね これを右側にしていくと このカラー同士の 色の繋がりが綺麗になっていくので 色のちらつきが無く スムーズに見せる事が出来ます "ディテール" と "滑らかさ" も先程と同様です 際立たせたい場合は高く スムーズにしたい場合は 0 "色の滑らかさ" もですね この様に行っていきます なるべく 100% 表示で 実際の写真を見ながら 調整していくと非常に分かり易くなります 又設定の前後を見たい場合 この右下の "補正前と補正後のビューを切り替え" をクリックすると この様に見比べる事が出来ます この状態で "シャープ" さ等を 確認していくと分かり易くなるでしょう 更にこちら "HSL / グレースケール" に関してです "色相" "彩度" "輝度" を元に 様々な設定をする事が出来ます こちらはこのターゲット調整ツールの 3つで調整する事も出来ます "色相" をクリックして この紫の部分をこの様に下げていくと 色味がどんどん変わっていきますね "彩度" の場合 "彩度" をクリックすると こちらも合わせられますので このまま紫の所をクリックすると こんな感じで 全体のビューに合わせて 失礼しました この様にしておきましょう この様に調整すると 上と下で色が変わっていきますね 全体の写真になると 他の色 緑っぽい所とか オレンジはそのまま 赤もですね なのに 紫の部分だけ少し暗くなりました この様に調整する事が出来ます "輝度" に関しても同様です 明るさから濃さ 様々な色に対して調整する事が出来ます この赤い部分だけの所にも 今 色を変えてますね 戻したい時は この "初期設定" を押してください "グレースケール" にすると この様に画面が切り替わり プレビューも白黒になりました この状況で上下をすると 様々なこの色のグレーの分布の所ですね グレーのちょっと薄い所 グレーの更に濃い所 そういった所を細かく調整して 全体の色を引き締めたり "ディテール" を良く見える様にする という事は可能です このレッスンでは "Camera Raw" の補正に必要な "トーンカーブ" そして "ディテール" "HSL / グレースケール" この3つについて解説しました

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。