はじめてのPhotoshop CC

Camera Rawで行ういろいろな補正(2)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Camera Rawで明暗別色補正を行うと、グレースケールの画像に色をつけることができます。またレンズ補正で撮影時の設定に合わせて調整したりもできます。さらに効果を使うと写真にさまざまな効果をつけることができます。
講師:
09:01

字幕

このレッスンでは、明暗別色補正、 そしてレンズ補正、効果、 カメラキャリブレーション、プリセット、 スナップショット、Camera Rawの その他のパネルについて 解説をしてきます。 まず明暗別色補正、 こちらはグレースケール画像に 色をつけることができます。 HSLグレースケールの所で、 グレースケールにチェックを入れたうえで、 こちらのハイライト、色相などを おっと、失礼しました。 先に彩度でしたね。彩度、 明るさを足しておきます。このぐらいかな。 そのうえで色相を選ぶと、 様々な色に着色することができます。 そして、このバランスを選ぶと、 このハイライトとシャドウ、 例えばこちら、黒い部分に対しても 色の明るさを足し、 別の色にしておきますね。 そうするとこのバランスの黒と白で、 どちらを多くするかを 調整することができます。 右に持っていくと、 このハイライトで設定した この青みが強くなりますし、 左へ持っていくと、 シャドウで設定した、 赤みが強くなります。 このようにしてレトロなデザインを 作ることができます。 次はレンズ補正ですね。 こちら、プロファイル、カラー、手動など 様々あります。 もしレンズプロファイル、何か決まったものが あったりとかすれば、 初期設定、自動、カスタム、 から選ぶことができます。 様々なものがあるので、こちらで いくつかこのようにクリックして、 良いものを選んでいきましょう。 あとはこちらゆがみ、ちょっと大きくして 見やすくしましょうね。 このゆがみの補正を行ったりとかできます。 よいしょ。 見やすいように左右に分けときますね。 こちらがゆがみを大きくしたもの、 そして、こちらが ゆがみを少なくしたものです。 こちらはプロファイルのゆがみ補正を 100%適用するようになっています。 これ100ですね。 200にするともっと適用されますし、 0にすると、補正量を ほとんどなくすことができます。 周辺光量補正、 これはレンズプロファイルによって、 適用される、その周辺の光量を 補正してくれるものですね。 こちらも調整していったりとかします。 今回は初期設定に戻しておきますね。 はい、元に戻ってきました。 あとはグリットを表示。 このようにグリットを表示させる ことができます。 グリットの大きさなども このように調整ができます。 この状態でですね、 このカメラのゆがみ方向、 こういったのも手動で、 調整することができます。 あとは水平方向の 様々な変更ができますね。 ちょっとカメラで撮影したときに、 丸くなってしまったりとかするものを 直したいときなどに、 細かくこちらで作ることができます。 そしてこのA,これを押すとバランスのとれた 補正を自動的に行ってくれます。 スイッチが入っているので、 ちょっと元に戻しておきましょう。 おっと失礼しました。 100ですね。 OK 再分析などをすると もう一度直してくれます。 あとはカラー 色収差を除去、とあります。 今はですねこのグレースケールにした ままなので、ちょっと分かりずらいですね。 初期設定に戻しておきましょう。 初期設定、と。 ここでしたね。 これを、 んー こちらの、現在の画像の設定の仕様で、 初期に戻しておきます。 そしてレンズ補正、この色収差を除去、 これをクリックすると、 おっと、ちょっとグリットが 見ずらかったですね。 このように、ブルー、イエローと レッド、グリーンのフリンジ、 このちょっと周りの色が 出てしまっているやつですね。 こういうの。こういうのを自動で 除去してくれます。 こんな感じですね。 手動で直したい場合は、こちらの チェックを外して、 この紫の適用量というのを 右に持っていってください。 このちょっと紫がかってしまったところが、 どんどんこのように除去されて、 色が、紫がない、 青とグレーの感じになってきました。 あとは緑のところ、 こういったところですね。 こういったところの、色味もここら辺、 このように除去していくことができます。 特に紫が分かりやすいですね。 このように出てしまっている色を、 抑えることができ、 非常に簡単に使えることができます。 さらに効果、こちらはですね、 あえて粒子をつける、 つぶつぶのノイズを足していく、 というところです。 100%の表示にして 見やすくしたうえで、 低用量をますと、レトロな写真の 雰囲気の、ノイズを増やすことができました。 こちらでこの粗さ、こっちは数字を 大きくすると、大きくなっていきますし、 左にすると、 このようにつぶつぶになっていきます。 数字が多いものは、印刷物をスキャンした 時に似ているような気がしますね。 この粗さでこのマダラを 表現することができます。 さらにこのスタイル、 切り抜き後の周辺光量補正というので、 見やすくちょっと画面ビューには、 見やすくビューサイズに合わせておきますね。 そしてこれをこのように、 適用量を強くすると、 周りがぼけ始めました。 ハイライト優先から、カラー優先 オーバーレイをペイントなどをすると、 様々なかたちで効果を選ぶことができます。 逆にこれをマイナスの方にすると、 黒くなっていくんですね。 中心点、こんな感じになっていきます。 丸みを変えたりですとか。 ぼかし具合など様々なかたちで、 周りの影、明るさ、 作ることができます。 フレームに入れたときのような効果ですね。 そしてカメラキャリブレーション、 こちらいま2012にあたってますが、 2010、2003とあります。 キャリブレーション、 適切なものを使っていってください。 様々な設定項目もあるので、 カメラに詳しい方などは、 さらに、色々細かい補正が できるのではないでしょうか。 そしてプリセット、 このように設定したものをですね。 登録しておくことができます。 今までの全ての設定、または、 ホワイトバランスのみなど、 自分で補正した内容をとっておいて、 他の写真に適用することもできます。 こんな感じですね、 これサンプルとしておきました。 後から読み込むことも可能です。 設定の読み込み、設定の保存、 などでこちらのプリセットを 読み込んで、複数人で使うことも可能です。 最後にスナップショットですね。 こちらは、このように、 samplel1として、 設定をまた変えてみましょう。 0にして、ない状態ですね。 これでスナップショットをとると、 sample1, sample2となりました。 sample1は、先ほどの 効果が残っているバージョン。 そして効果がないバージョン。 いくつかをとっておいて 見比べることができます。 非常に良いですね。 このレッスンでは、レンズ補正、効果、 カメラキャリブレーション、 プリセット、スナップショット、 これらのパネルについて解説をしました。

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。