はじめてのPhotoshop CC

写真の明るさを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopでは写真の色を変える方法がたくさんあります。その中の主なふたつである自然な彩度と色相・彩度について解説します。また頻繁に使われるトーンカーブでの色補正についても紹介します。
講師:
04:37

字幕

Photoshopには、写真の明るさを変更する 様々な方法があります。 主だった機能を紹介していきます。 まずイメージ、色調補正、 簡単なものからいきますね。 明るさコントラスト、これをクリックすると このような画面が出てきます。 こちらは、こちらの色調補正パネルからも 設定できますので、 なるべくこっちを使っていきましょう。 自動をクリックしてもいいですし、 また、明るさを上げていく、 暗くする、コントラストを高める、 など、簡単に調整することができます。 次にレベル補正、 こちらのやり方を見ていきましょう。 レベル補正はこのように、 ヒストグラムという山があり、 黒、そして灰色、白の三つの点、 このスライダーを調整して、 明るさを変更していきます。 白いところを左に持っていくと、 どんどん画面が白くなっていきます。 逆に黒にしていくと 濃くなります。 中間色、これを右に持っていくと 濃くなりますし、 左側は白くなっていきます。 このヒストグラムというのは、 この写真にある色の分布を マッピングしたものです。 右側は明るい写真、 明るい色ですね。失礼しました。 この右側、今ドラッグしてる所はハイライト といって、白に近い色が集まっています。 写真の中で白に近いところというのを、 ここにまとめているんですね。 そしてこちら、逆に黒いところ。 このように黒に限りなく近い色のほうを、 このように分布を見せてくれています。 そしてそれ以外の中間ですね。 この三つで構成されています。 そしてこの三つのスライダーは、 それをどの位置で、 白にしちゃうか、黒にしちゃうか、 というのを選べるんですね。 なのでこのスライダー、 今はここまで、白じゃない限りなく 白に近いもの、として表示していますが このスライダーを左に持っていくと、 スライダーより右にあるものは、 白として塗りつぶされるというか、 明るくなっていきます。 こちらも同様ですね。 中間色に関しては、こっちが黒寄り、 こっちが明るさ寄り、となっているのを、 右側にすることで、 暗くなってくるのが多いほう、 そして白いのが少なく、 という風に調整できます。 これらを使って調整をしていくと、 こんな感じですね。 明るさとコントラストとも同じように 使えますが、操作方法が違います。 さらに他には、 じゃあ次はメニューから追加していきますか。 あとは露光量、 これも使えますね。 これは写真の露光量そのままです。 左右にすると明るさ、暗さですが、 色の分布は選べないので、 このように、レベル補正では選べた 絶対白にしておきたいところ というのも関係なく暗くしてしまいます。 とオフセット、そしてガンマですね。 基本的にこのメニュー、 ここにあるところが明るさ、 そしてここが色という風になっています。 あとはその他というか、2諧調化とか、 変わった色の その他の設定って感じですね。 トーンカーブについても見ていきましょう。 トーンカーブは色の、同じように ヒストグラムにはなっているんですが。 今露光量が入っていたので、ヒストグラムが ちょっとおかしかったですね。 これは、このカーブを上にあげていくと、 明るく、 ここのピクセル分布が もっと増えていく形になっています。 そして下げていくと黒くなっていく。 こちらの方がよく、皆さん使いやすいといって 使ってますね。 カーブを自分で設定できて、明るさ 濃いとことっていうのを調整しやすいです。 これもRGB、それぞれの色で 選択することができます。 明るさコントラストなども同様に、 失礼しました。こっちですね。 レベル補正もRGBありますね。 なのでそれぞれで、それぞれの色の この分布を変えることができたりもします。 よく使うのはこのトーンカーブ、 そしてレベル補正ですかね。 ここら辺を覚えておきましょう。 このレッスンでは、写真の色を明るくする 四つの方法、 明るさコントラスト、レベル補正、 露光量、トーンカーブ、 これらについて解説をしました。

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。