はじめてのPhotoshop CC

レイヤーの不透明度を変えてみる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーは不透明度の変更のほかに、他のレイヤーと影響し合うものがあります。塗りを透明にしてレイヤースタイルのみ残しておく方法や、ブレンドモードなどです。それらの種類について見ていきます。
講師:
02:53

字幕

レイヤーにはレイヤースタイルだけではなく 透明度やブレンドモード 描写の演算ですね これを変更する事ができます このレッスンでその方法を見ていきましょう まずこちら このテキスト こちらを見ていきます 文字のテキストで この様にレイヤースタイルが掛かっているものですね 不透明度があり ここのスライドを 左右にする事で 表情を変えることができます またこの様に塗りと言うのがありまして この塗りをゼロにすると こんな形で このレイヤースタイルだけが残り このレイヤー自体の塗りを失くすことができます これによって何か凹んだような感じになってますね これが不透明度の変更方法です こちらのレイヤーを変更する方法 不透明のスライダーを変更する方法と 塗り自体の 透明度を変更する方法です そして次は描写モード こちらを見ていきましょう 描写モードはまず百聞は一見に如かずです この様な 光が当たった様な 黒と灰色でほとんど構成されている絵があります これを選択した上で 比較 暗などこの セレクトメニューを選んでいくと 様々な効果が得られます 乗算は色を重ねた様な効果ですし 焼きこみカラーは更にかなり濃くなってますね この上の色と下の色 これらを組み合わせて 新たな効果を作ってくれる便利な機能です こちらもよく使います 比較 暗 スクリーンなどこれは明るくなりますね 簡単に見るとこの比較 暗 から比較、暗までは 色を濃くする演算が多いです から比較明るいまでは そして逆にこの比較 明るい から比較明るいまでは から比較明るいまでは この様にどんどん ハイライトが強くなっていきます またその他オーバーレイですとか 先ほどの冒頭の効果はこのソフトライトですね ハードライト色々な色のミックス方法があります この様に 色のレイヤー同士の色の掛け合わせを選ぶことで 様々な効果を作ることが可能です このレッスンでは レイヤーのブレンドモード そしてレイヤー自体の 不透明度や塗りの変更方法を 紹介致しました

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。