はじめてのPhotoshop CC

レイヤーマスクのさまざまな操作方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成した選択範囲でマスクをかけることで、元の画像は変更せず不要な部分を非表示にすることができます。レイヤーマスクにもさまざな操作方法があるので、そちらを見ていきましょう。
講師:
06:25

字幕

作成した選択範囲で レイヤーにマスクをかけることで 元の画像は変更せず不要な部分のみを 非表示にすることができます 様々な使い方があるので そちらを見ていきましょう このように背景となっている レイヤーを一度 レイヤーにする 必要があります みなさん画像を切り抜くとき このように消しゴムツールで 余分な部分を塗ったり また選択範囲などを作成し このように削除したりしていませんか これも非表示にできるのですが もしやっぱりやり直したい 保存して閉じた後に 空の部分を残したかった という場合に こういう風にしてしまうと もうなくなってしまったデータは 戻せないので もう一度写真を撮り直すか それか元の画像を バックアップで取って 一から作り直すかという風に なってしまいます そういったことをしなくてすむのが レイヤーマスクです レイヤーマスクは選択範囲を作成し その部分で非表示にする事で 元の画像にダメージを与えずに とっておくことができます 例えばこの空の部分 こちらを選択範囲にし一度反転し 塔の部分だけを残したいとします こんな感じですね 塔というか像でしたね よいしょっと こんな感じ よいしょっと はい 簡単にですが 選択をしておきます こんな感じでいいでしょうかね はい そうしたらこの選択範囲が アクティブになっている状態で レイヤー0を選択し レイヤーパレットの この下の左から3つめ レイヤーマスクを追加 これをクリックします そうするとこのように 見やすく大きくしておきますね パネルオプションから このぐらいでいいでしょうか このようにレイヤーのサムネイルの隣に 白と黒でレイヤーマスクサムネイル というのが追加されました この黒と白の部分というのが 表示させたい部分と 表示させたくない部分を表しています レイヤーマスクは クイックマスクで学習したように このブラシなどの 白と黒で塗りつぶすと 表示非表示を切り替える事ができます 白で塗りつぶすと 空の部分をこのように 表示させる事ができます サムネイルの方も 白になりましたね 逆に黒で塗ればその部分を 非表示にすることができます このとき例えば他の色 この普通のブラシのときにですね 赤など他の色で塗っているとします こんな感じですね 戻ります このとき 今は赤そしてグレーが 後ろに選ばれていますが マスクをクリックすると このように黒になります そして黒以外の色 例えばグレーですかね この色で塗りつぶすとこのように ちょっと薄く後ろが見えている そんな状況になります こんな感じですね これはブラシの 太い目のと一緒ですね このグレーのレベル わかりやすいようにグレースケールで 表示させてみましょう 白になればなるほど 表示をさせるし 100になればなるほど このように消えると その間に関しては 透明度と同じようにですね 少しずつ数値を少なくしていく事で 濃さが変わっていきます こんな感じですね こうです このように基本は白と黒 そしてその間の 中間色グレーですね によってマスクの濃度を 変更する事ができるんです マスク自体は こちらビットマップですので ブラシツールで楽しく 塗りつぶす事もできますし 後はこちらですね 塗りつぶしツールこれでバスッと 塗る事も可能です さらにグラデーションツールこちらで 黒にマスクをした上で グラデーションをかけて 調整することもできます 基本的にはビットマップという 普段ブラシとかで塗ったり 写真のデータと同じ扱いになるので その他のツールをいろいろ 使う事ができます レイヤーマスクサムネイル これ非常に見やすいですね そしてこちらの レイヤーを削除したい場合 レイヤーマスクをなしにしたい場合は こちらゴミ箱に持っていくとこのように 削除する前にマスクを適用しますか? と出てきます 削除と押すと そのまんま削除をできますし 逆に適用というのを行うと このように レイヤーマスクサムネイルが なくなり ピクセル元の画像のピクセルが 削除された状況になります このようにすることで 切り抜きを 簡単にしたり 後はマスクとしてとっておいたり マスク自体を削除したり ということができます 非常に便利ですね このレッスンではレイヤーマスクの 基本的な使い方について 解説致しました

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。