はじめてのPhotoshop CC

テキストを流し込む

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真加工がメインのPhotoshopですが、テキストの流し込みにもいくつか便利な機能があります。
講師:
04:43

字幕

写真加工がメインのPhotoshopですが テキストの流し込みにも 幾つか便利な機能があります 普段文章を流し込むとき この様にまずはテキストエリアを作って ここに入力していくのではないのでしょうか? 例えば "Lorem Ipsum" こちらをペーストしてこの様に 文字を流し込みます こんな感じですね ですがこれ他の方法も可能です 図形をこの様に "長方形ツール" を作って 更に円にこれを投法し この様な変わった形で作ってみます ここにテキストを流し込む事が出来るんですね 例えば楕円形 このシェイプのレイヤーを 選択した上でマウスを このシェイプの上に乗せると形が変わります ここでクリックをするとこの様に このシェイプの中だけで文字が 流し込まれる様になりました こんな形ですね ちょっと文字がいっぱい見える様に 30 ptですね こんな風に流し込事が出来る様になります 自分で作成したこのシェイプの中に 文字を入れる事が出来るんですね 又もう1つの機能として パスをこの様に書いたとします このパスに文字を流し込む事が出来るんです パス上でマウスを乗せると この様に又形が変わりました この状態でクリックすると こんな形で文字がパスに沿って ベースラインなぞって行きます 更にこちらをテキストツールで変更した時に 位置等を細かく変えられる様になっています この左のツールパレットから パス選択ツールを選ぶと コマ浅の近くでですね この動かせるマークがあるんです これを下側にすると内側に文字が入りますし 逆に 選択がちょっと難しいのが難点ですね ほら出来ました 逆にこの様に ここですね ここで この様に外側と内側 後は開始位置 これを変更する事が出来ます 円形でやると非常に分かりやすいですね まず円を作成します 真ん中に配置しておきましょう そしてテキストでこのパス 中だとマウス この様に テキストを打つ所に 丸い ... がありますが パスの方に持って行くと 波線の様な形になります この状態でクリックして文字を 流し込む事が出来る様になるんですね そして文字のこの開始点などを変更したい場合 こちらのパスツール これでこの様に変更する事が出来ます 持ってきた位置によって位置が変更しますし 内側 そして内側でもこの様に 位置を変更する事が出来る 終点も選ぶ事が出来ます 終わりにしたい所ですね ここからここ迄だけにしたい等の 調整も出来ます この機能は非常に便利なので Photoshop でもXXデザインや 何か変わったマークを作りたい そういった時に活用してみてください このレッスンではテキストの流し込み そしてパスに沿ってテキストを 作る方法を解説致しました

はじめてのPhotoshop CC

Photoshopは写真を編集するだけでなく、CG作成やウェブサイトのデザインまでできる多くの機能をもった総合画像編集ソフトです。このコースではPhotoshopの主なツールの使い方はもちろん、レイヤーやフィルター、レタッチに必要なさまざまな機能を紹介します。このコースの内容をマスターして、Photoshopをもっと気軽に使えるようになりましょう!

6時間15分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。