はじめてのiOSアプリ開発

色やスライダーの変化をアニメーションさせよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アニメーションを使って、リセットボタンが押された時の処理をスムーズに見せる方法を説明します。
講師:
06:08

字幕

それではこのレッスンでは 作成したカラーエディタに対して リセットボタンが押された時に よりスムーズにスライダーと 背景色が移り変わるように アニメーションを追加したいと思います 現在はリセットボタンを押した時に スライダーが すぐに 0.5 の位置に移動して パッと色もスライダーの位置も 切り変わるようになっていますが これをスムーズにアニメーションを 付けてみたいと思います それでは Xcode に戻って 作業を行いましょう 現在はこの様にリセットボタンが 押された時に呼び出される resetColor というメソッドに対して 色の背景色を決定する setBackgroundColor そして setValue の呼び出しを 直接ここで実行しています ここで覚えていただきたいテクニックが 今回 ご紹介する アニメーションを 追加するテクニックなんですけども ここで行っている4つの操作です 背景色のセットと スライダーのそれぞれの値をセットする この操作を「 UIView 」に対して 「 animateWithDuration 」と書いてある アニメーションをまず 分かりやすく 2.0 秒で実行する と書いてあります その「 animateWithDuration 」の後ろにある 「 animations 」の後ろにある ブロックと呼ばれる所に このブロックの所にカーソルを合わせて エンターキーを一回押すことで この様に ^ そして { } というのが 自動的に入力できるのですけれど この ^{ } の間の所に 下の所に書いてある この― 「カラーを作って そのカラーをセットして スライダーの値をリセットする」 という 一連の このコードを 右クリックでコピーをしたり あるいはコマンド + X を使って カット & ペーストすることで この { } の中に このソースコードを持ってきます 「 UIView animateWithDuration 」の この呼び出し自体は この } の後ろに 更ににこの ] を書いて ここで終わらせます そして この 「 animateWithDuration 」を 使った場合に スライダーの「 setValue 」の 呼び出しの後ろに 1つだけ「 animated 」という 言葉を付け足して 「 animated:YES 」と書きます これを他のスライダーにも書きます 「 animated:YES 」 「 animated:YES 」と書きます やったことは非常に簡単なのですけども この「 UIView animateWithDuration 」の 後ろに秒数を書いて そして その後ろの「 animations 」の ^{ の後ろの中に 今まで書いていた項目を入れます そして「 animated 」を スライダーの「 setValue 」の後ろに追加する それだけなのですけれども こういうコードを書くことによって 色とかスライダーの変化が アニメーションするように出来ます 実際にこれで シミュレータの上で実行してみたいと思います シミュレータの上で色を作ります 色を作った後で「リセット」ボタンを押します そうすると1 2 と ハイ 2秒かけて この様に 色がリセットされるようになりました もう一度やってみます 今度はこの背景色にも注目して下さい 「リセット」ボタンを押します そうすると背景色も ゆったりとしたグラデーションが かかっていることが分かります この様に 「 UIView animateWithDuration 」を 使うことによって 自分の好きなアニメーション間隔で 背景色のセットであるとか スライダーの値であるとか そういったものを変更できるようになります ここの秒数はどんな秒数にしても 構わないのですけれども 長すぎてもユーザーにとっては 使いにくいと思いますし 短すぎても アニメーションしたことが 分かってもらえない となりますので 大体 0.7 秒とか あるいは 1.0 秒くらいの値が 良いと思います では 0.7 秒にして 一度実行しておきます 色を作成して 「リセット」 を押す と はい これが 0.7 秒です もうちょっと短くても良いかもしれません 0.5 秒ぐらい この様にすることで 色の「リセット」ボタンを押した時の操作を スムーズにアニメーションして 見せることができるようになりました このレッスンでは 「リセット」ボタンが押された時に アニメーションを使って 色やスライダーを スムーズに変化させる方向について 説明しました

はじめてのiOSアプリ開発

このコースではXcodeを使ったiOS用アプリの開発に必要な基礎知識を学びます。Xcodeの基本的な使い方から本格的なゲーム制作のためのSprite Kitを用いた制作方法まで、カウントダウンタイマーやスピード暗算ゲームなど3つの簡単なiOS用アプリを作りながら説明します。このコースを見れば、本当に必要なアプリ開発の知識を着実に身に付けられるでしょう!

5時間55分 (52 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年06月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。