はじめてのiOSアプリ開発

プログラムからラベルを操作できるようにしよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アウトレットというものを使って、Storyboardのラベルをプログラムから操作できるようにします。
講師:
05:50

字幕

このレッスンでは アウトレットというものを使って この画面上に用意された ラベルをプログラムの中から 操作できるようにします それでは 作業をしていきましょう アウトレットを作る時には まず 右側のインスペクターの 領域が邪魔になりますので この境目にある境界の部分を マウスでドラッグして このインスペクター領域を消しておきます そして インスペクターの領域が消えたら 右上の所にボタン群が 2 つ並んでいるのですけれども この右から 2 つ目のボタン群の ここの輪っかが2つ書いてある Assistant editor を 表示するためのボタンを押します そうすると この画面の右側の所に 「 ViewController.m 」というのが 表示されるようになります この ViewController というのが 画面の見た目の部品を プログラムを書いて操作するための ものになるのですけれども 2つの画面を並べることで プログラムのコードと プログラムを使って操作する画面を 同時に操作できるようになります なお ViewController.m の他に ViewController.h という ファイルも 同時に使うことができるファイルですので 場合によっては 自動的に表示されるのが ViewController.m ではなくて ViewController.h になっている時も あるのですけれど こうなっている時には 画面の上の方にある 「 Autmatic 」と書かれている所から 「 ViewController.m 」の方を 選択して 「 ViewController.m 」が 選択されるようにしてください それでは 次に左側の画面に出ている このラベルがちゃんと見えているように スクロールバーを調整していただいて もう少し画面が大きい人は もう全体が見えているかもしれませんが この中からラベルを まず 左クリックして選択します そして 右側の方では 「 @interface 」という所から 「 @end 」と書かれている所が 丁度見えるようにしておきます そして このプログラムのコードと 画面上の部品を接続するために アウトレットというものを 作成します これをどのように作成するかというと このラベルを選択した状態で ラベルの上の所に マウスを持っていきます この画面中央の所に 制約を示すためのラインが出ていて これも選択できるようになっているので 注意していただきたいのですけれども この線に被らないように マウスをこのラベルの上に持っていきます そして ラベルの上にカーソルを合わせたら 右クリックをします この 右クリックをする時に ボタンを押しっぱなしにして 右ボタンをずっと押したまま この ViewController の位置に ズーッと持っていくことで この様にアウトレットを作成するための 青い線が表示されます このままの状態で マウスボタンを離して このアウトレットを作成するための 画面が出てきたら これで アウトレットを作ることができます 一旦キャンセルしますけれど もしも 使っているマウスが 1つボタンのマウスで 左クリックしかできない事があれば コントロールキーを押しながら コントロールキーと一緒に 左クリックをしても 同じ様に こうやって 線を引っ張ってくることができますから これで「 @interface 」と 書かれた所のすぐ下まで 線を延ばして このアウトレットを作成するための 青い線が表示されたことを確認して マウスボタンを放すと このアウトレット作成の画面が表示されます それでは ここにアウトレットの名前を 入力したいと思います 今回は ここには 時間を表示するためのラベルですので 「 timeLabel 」と名前を付けておきます この時に頭の方の「 time 」は 全て小文字 そして 後ろの方の「 Label 」は 大文字から始まって 後ろは全部小文字となっていることを 確認してください この中にはスペースを 含めることはできませんので スペースを含めると右下の所に コネクトできません と言って 「 Connect 」ボタンが グレー化しました 必ず文字をつなげて書くということと 小文字から始めるということに 注意をしてください このままの状態でリターンキーを押しても アウトレットは作成できますし 「 Connect 」ボタンを押しても アウトレットは作成できます では 一旦 「 Connect 」ボタンを押して アウトレットを作成します そうすると この様に 「 timeLabel 」と名前を付けて 部品を操作するための アウトレットというものが 作成できました アウトレットが作れたかどうか ということは ここの「 timeLabel 」の行の 左の所に表示されている このマークの上に マウスカーソルを合わせると 対応されるラベルが こうやって強調されますので そのことで この部品と このプログラムの名前が 結びついていることが確認できます このレッスンでは アウトレットというものを使って ラベルをプログラムの中から 操作できるようにしました

はじめてのiOSアプリ開発

このコースではXcodeを使ったiOS用アプリの開発に必要な基礎知識を学びます。Xcodeの基本的な使い方から本格的なゲーム制作のためのSprite Kitを用いた制作方法まで、カウントダウンタイマーやスピード暗算ゲームなど3つの簡単なiOS用アプリを作りながら説明します。このコースを見れば、本当に必要なアプリ開発の知識を着実に身に付けられるでしょう!

5時間55分 (52 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年06月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。