はじめてのIllustrator CS6

選択範囲を保存する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Illustrator で複雑なドキュメントを編集する際に便利なのが、一度選択した図形をセットとして保存しておいたり、同じ色の図形を自動で選択したりする機能です。このレッスンでは、図形の選択に関するいくつかの機能について、ご一緒に見ていきましょう。
講師:
08:06

字幕

Illustrator で複雑なドキュメントを編集する際に便利なのが、一度選択した図形をセットとして保存しておいたり、同じ色の図形を自動で選択したりする機能です。このレッスンでは、図形の選択に関する幾つかの機能についてご一緒に見て行きましょう。ではまず最初に、一度選択した図形をセットとして登録しておく方法について見て行きましょう。このサンプルのドキュメントのうち、中央にある男の子の顔、この男の子の顔に関する図形だけを選択して行きます。今全ての図形がバラバラになっていますので、黒い矢印の選択ツールを使って、Shift キーを押しながら、一つずつ選択する範囲を増やして行きます。これで今男の子の顔に関する図形を全て選びました。これをセットとして登録しておくためには、メニューバーの選択から、二行目にある選択範囲を保存、こちらを選択します。名前を付けるようにダイアログボックスが出てきますので、ここに日本語で結構ですので、名前を入力します。「男の子の顔」としておきます。入力できたら OK をクリックします。では一度何もない所をクリックして、選択を解除しましょう。そして、次にこの男の子の顔を一気に選びたい時は、メニューバーの選択から、今新しくできた「男の子の顔」という項目を選びます。 そうすると、先ほど登録した図形がセットとして一気に選ばれました。この様に、よく使う図形をセットとして登録しておくと、後々便利ですので、覚えておいて下さい。では何もない所を一度クリックして選択を解除します。今度は、一度この「男の子の顔」を選んでみて、男の子の顔以外のものを全て選びたいという時に、便利な機能です。メニューバーの選択から、五行目にある選択範囲を反転、こちらを選びます。そうしますと、今選ばれていた男の子の顔以外の図形が全て選ばれました。この機能も、選択する範囲を素早く変更するのに便利ですので、覚えておきましょう。ではまた何もない所を一度クリックして選択を解除します。もう少しこのメニューバーの選択の中にある項目を見て行きたいと思います。次は、前面のオブジェクト、背面のオブジェクトについて見て行きましょう。まずはこの男の子の髪の部分だけを選択してみます。レイヤーパネルを開いてみて、この図形の重なり順ですけども、男の子の髪の毛が一番上に来ています。この男の子の髪のすぐ次の下にある図形をすぐ選びたい時、その時には、メニューバーの選択から、背面のオブジェクトを選びます。そうしますと、この男の子の髪のすぐ下にある図形が選ばれます。 繰り返し、背面のオブジェクトを選んで行くと、この重ね順の上から下に対して、どんどん移動して行きます。逆に、前面のオブジェクトを選ぶと、今選ばれている図形よりも、一つ上のものが選ばれます。図形が複雑に重なり合っている時にこの機能を使うと便利かも知れません。では、もう一つ別の機能を見てみましょう。レイヤーパネルを一度閉じておきます。そして何もない所をクリックして全ての選択を解除します。今度は画面内に散らばっているもののうち同じ色の図形だけを選ぶという方法です。例えば、後ろにあるこの星。この星の中で、同じ色のものだけを選びたいとします。では、このオレンジ色の星をクリックして選択しておきましょう。そして、メニューバーの選択から、今度は、共通、こちらの項目を使います。共通のサブメニューの中に、幾つか条件の設定があります。ここでは、カラー(塗り)を選びます。そうしますと、塗りの色が同じ図形を一気に選んでくれます。カラー(塗り)を選択します。この様に、オレンジ色の星だけを一気に選んでくれました。一度選択を解除してみましょう。後ろの市松模様についても試してみます。ではこの市松模様の一つの黒い四角、こちらを選択して、もう一度、メニューバーの選択から、共通、カラー(塗り)を選びます。 そうしますと、この黒い市松模様のパーツだけが選ばれますので、例えば一気に色を変えたい時、この様に使うことができます。一度何もない所をクリックして選択を解除します。その他、線が同じ色の図形を選ぶことなどもできます。試してみましょう。男の子の髪の毛が線が黒くなっていますので、これと同じ仲間のものを拾ってみたいと思います。男の子の髪の毛を選択した後に、メニューバーの選択から、共通、そして今度は、カラー(線)、これを選ぶと、同じ色の線を持っている図形が選ばれます。この様に、この輪郭の図形、それからこの口、この三つが線が黒い図形でしたので、選ばれました。ここで何もない所をクリックして、選択を解除しておきます。もう一つ、選択に関する便利な機能を見て行きましょう。例えば、線が白い図形を一気に選びたいとします。この後ろの正円、線が白い正円を選んで、メニューバーの選択から、共通の、カラー(線)、こちらを選んだとします。そして作業をしようとした時間違えてどこかをクリックしてしまって、選択を解除してしまったとしましょう。すぐにこの直前の選択範囲を取り戻したい場合には、もう一度メニューバーの選択から、再選択を選びます。 再選択を利用すると、今行った一つ前の選択をするための条件それが再度適用されます。ここでは、線が白い図形を選ぶということが、再度行われた訳です。覚えておいて下さい。さてここまで、選択範囲の保存や反転、同じ属性を持った図形の選択などの機能について様々な方法を見てきました。細かな図形が重なった複雑なグラフィックの編集時に、活躍する方法ですので、覚えておいて下さい。

はじめてのIllustrator CS6

このコースではIllustratorをまったく触ったことのない初心者の皆様でも迷うことのないように、基本的な操作からひとつひとつ丁寧に解説していきます。画面各部の名前や操作方法から始まり、ドキュメントの作成、図形の描画、色の変更など基礎的なことを網羅しています。

6時間55分 (48 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Illustrator Illustrator CS6
価格: 3,990
発売日:2014年01月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。