はじめてのiOSアプリ開発

ゲーム開始時にスプライトを大量に作ってみよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ゲーム開始時にスプライトを作成するようにして、タッチで割る風船を用意していきます。
講師:
04:05

字幕

このレッスンではゲームの開始時に 風船のスプライトを大量に作成して タッチで割っていく風船を 準備していきたいと思います では今回プログラムを書くのは このdidMoveToViewという ゲームが開始される時に 呼び出されるメソッドになります 現在この中では一番最後のところで physicsWorld の gravityを 設定しているだけの状態になっていますので ここに風船のスプライトを作成するという コードを書いていきましょう 下の方のこのSKSpriteNode を 作るところにも すでにもうスプライト作成のための コードが書かれているので ほとんどそれを真似して 作っていく感じになります では実際にまずスプライトを作ってみましょう スプライトを for 文を使って 大量に作っていきたいと思います 今回は i = 0 から i を大きめに100個ぐらい使って 風船を100個作ってみたいと思います この風船を作る第一歩は これを下の方から コピー&ペーストしてくればいいんですけど 今回はレッスンのために分かりやすく 全部打っていきましょう SKSpriteNode sprite = SKSpriteNode SpriteNodeWithImageNamed で 先程やった様に Balloon という風に入力します そしてこのスプライトに対して physicsBody 物理ボディを設定します bodyWithRectangleOfSizeで スプライトのサイズをそのまま渡すと そしてこのスプライトの位置を 決めてやる必要がありますので ポジションを設定します これはCGPointMakeというので どこに作成してもいいんですけど 今回は画面の真ん中の下の方に 作成してみようかなと思いますので 画面の下の方…そうですね まず横方向が 500 ピクセルぐらいの そして縦方向が一番下が… 画面の本当に下はゼロなんですけども さらに下に表示してみたいと思いますので -40 ピクセルぐらい― ここらへんのところに スプライトを作成するようにしましょう 始めから用意されている スプライトの作成のところには この「スプライトをくるくると 回転させてください」という ローテ―トの設定がここに 書いてあるんですけれども 今回このローテーションは 特に要りませんので このスプライトの作成と そして physicsBody の設定 そして位置の設定が終わったら このスプライトを self に @child という メソッドを使って このまま追加してやります このレッスンで行うスプライトを 大量に用意するというのは 実はこれでもう終わっています アプリケーションを実行してみます そうするとこのように画面中央から 上の方に大量の風船が 飛び去っていったというのが分かると思います このように画面中央に 大体 500 ピクセルぐらいのところに -40 から飛ばすというプログラムを書くことで 風船が一気に上の方に 飛び去って行くようになりました もうちょっとだけ最後に 位置だとか それから gravity だとか 調整する必要がありますけれども これで風船を割っていくゲームの かなり基本的なところの 準備が整ったと思います このレッスンではゲームの開始時に スプライトを 大量に作成するという方法について 説明しました

はじめてのiOSアプリ開発

このコースではXcodeを使ったiOS用アプリの開発に必要な基礎知識を学びます。Xcodeの基本的な使い方から本格的なゲーム制作のためのSprite Kitを用いた制作方法まで、カウントダウンタイマーやスピード暗算ゲームなど3つの簡単なiOS用アプリを作りながら説明します。このコースを見れば、本当に必要なアプリ開発の知識を着実に身に付けられるでしょう!

5時間55分 (52 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年06月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。